ビジネスリスティングの管理によるローカル検索への最適化(MEO対策)

店舗やサービス拠点を持つ企業は、ローカルビジネスのリスティングが自社のビジネスにおいて、いかに重要であるかをご存じでしょう。リスティングとは、ユーザーが検索エンジンやマップなどで、場所に関する検索を行った際に表示される自然検索結果や検索広告以外に表示される情報の総称です。リスティングには、営業時間、休日のスケジュール、提供する製品やサービス、連絡先など、各店舗や拠点に関する重要な情報が含まれており、検索エンジンと消費者の両方が十分な情報を得た上で意思決定を行うために必要なものなのです。

ここで重要なのは、平均して、ビジネスリスティングは、企業ウェブサイト(地域の店舗ページやディレクトリを含む)よりも2.7倍多く閲覧されていることです*。企業ウェブサイトの情報が完璧であっても、同じビジネス情報が検索エンジンやマップ、検索サイトで最新かつ一貫したものでなければ、ユーザーが求めている情報を見つけられない可能性が高くなります。
*Yext独自の調査

もちろん、ビジネスに関する事実の量と具体性が増すにつれ、その情報を提供しなければならない場所の数も増えていきます。多様なアプリケーション、マップ、検索エンジン、ディレクトリ、音声アシスタントなどの間でビジネス情報を最新の状態に保つ作業は、貴重な時間を消費しますが(少なくとも、すべてを管理できる適切なツールがない場合は)、より良い回答を提供し、より多くのコンバージョンにつなげるために必要です。

自社の店舗・拠点の情報は検索結果に表示されていますか?

今日の消費者は、検索で表示される答えが、自分に関連した文脈のものであることを期待しています。これは、モバイルデバイスの台頭と、それに伴う2010年代半ばの「近くのxx」検索の流行から始まりました。現在、Googleなどの検索エンジンは、「婦人靴店」や「おすすめの中華料理店」など、多くのクエリに対して、モバイルとデスクトップの両方で、カスタマイズされたローカル検索結果をデフォルトとして優先的に表示するようになっており、「近くのxx」という単語は不要になりました。

検索エンジンは、最新かつ詳細なローカルリスティングを検索結果に優先的に表示するため、優れたローカルリスティングは単純に優れたSEOとなります。これとは対照的に、チャネル間で情報が不正確(または不一致)であれば、ローカルリスティングに悪影響を及ぼし、ひいてはランキングや全体的な発見性、そしてブランド全体にマイナスの影響を与える可能性があります。

カスタマージャーニーは検索から始まる

米国の消費者の78%が週に1回以上、地域の店舗をオンラインで検索しているという調査結果もあり、人々があなたのビジネスに関連する検索を行ったときに出てくる情報を優先的に管理する必要があります。このような検索は、顧客が行動を起こす可能性が高いことを意味し、明確な意図(インテント)があるからです。

しかし、ローカルビジネスのリスティングに一貫性がない(欠落や重複があるなど)場合、企業やブランドの信頼が損なわれ、顧客を失うことにもなりかねません。検索結果に情報がちゃんと表示されなかったり、その情報が正しくないことで、お客様が自社の店舗を訪れたり、商品を購入したりする機会を逃すだけでなく、お客様の企業やブランドに対する信頼も失いかねません。Googleマップは、閉店したと思われる場所に行く途中のユーザーに警告を表示し、自社ではなく競合他社の店舗に誘導する可能性さえあります。

今こそ、ビジネスリスティングの管理、MEO対策(マップ検索も最適化)をし、お客様が検索する場所でより良い情報を提供する時です。詳しくはYext Listingsの製品情報ページをご覧ください。

タグ:
,
ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ