購買意欲の高いキーワードとは?

ビジネスで意欲の高いキーワードを活用する方法

購買意欲の高いキーワードとは、検索キーワードの中で購買の可能性が高いものを示します。こうしたキーワードで検索を行う消費者に企業が効果的にリーチすることで「より効果的にコンバージョンを上げる」という考え方がその基礎にあります。購買に関連する特定のアクションを起こす、購買の可能性が高いことを行動で示すユーザーにターゲットを絞ったマーケティングを戦略的に実行する上では、こうした購買意欲の高いキーワードの理解が欠かせません。

では、企業はどのようにして購買意欲の高いキーワードを選定すべきでしょうか。業界にかかわらず、購買に対する高い意欲を示すキーワードはいくつかあります。検索キーワードは、次の3種類に分類されます。

  • ナビゲーションに関するもの:ある企業のサイトで特定のページに到達するため
  • 情報に関するもの:ある企業から情報を得るため
  • 購入に関するもの:購入を行うため

これらの検索のいずれも、カスタマージャーニーにおける重要な瞬間を捉えたものですが、中でも最も高い購入意欲を示すのが、購買に関するキーワードです。

購買意欲の高いキーワードは無数に存在し、その種類もさまざまですが、「買う」「訪問する」「入手する」「購入する」といった用語を例に取ってみましょう。例えば、「神戸で自動車保険を購入」と検索する顧客であれば、近日中に保険の購入を予定しているはずです。一方で、「どんな種類の自動車保険が必要」と検索するユーザーならば、購入前にもう少し調べたいと考えていることでしょう。「買う」「訪問する」「購入する」といった検索キーワードは、いずれも購買に対する意図を明確に示すものです。「近くの」や「アクセス」「行き方」といったキーワードもまた同様です。コンセプトは単純ですが、リターンは大きなものです。

購買意欲の高いキーワードを活用するための方法

当然ながら、企業は「自動車保険を購入」や「近くの保険代理店」などのキーワードに予算を配分し、業界内で取引意欲が高いとされるキーワードに注力すべきでしょう。オーガニック検索の戦略の中で、購買意欲の高いロングテールキーワードに的を絞ることで、投資効率をさらに高めることも可能です。 

検索トラフィック全体の最大70%がロングテールキーワードから発生しているとされています。 こうしたキーワードは、ユーザーが求めるものを正確に表現した具体性の高い検索キーワードを指します。相対的な検索ボリュームとしては高くないかもしれませんが、非常に高い購入・サービス利用意欲を示すものです。例えば、「Beats studio3ワイヤレスヘッドホン 価格」と「ヘッドホン 価格」のクエリを比較すれば、最初の検索クエリの方が具体性が高く、このアイテムを購入する意欲が高いことが見て取れます。

自社のビジネスに固有の、購買意欲の高いロングテールキーワードにターゲットを絞ることで、非常に大きなリターンが期待できます。具体性の高い検索キーワードに的を絞ることで、競合が少なくなり、「ヘッドホン 購入」のような非常に一般的な検索でも自社が上位に表示される可能性が高まるのです。

以下では、ターゲットとすべき、自社に最適なロングテールキーワードを見つけるための方法をご紹介しています。

  1. キーワードプランニングツールを使用してシードキーワードのリストを取得するなど、キーワードの調査を実施します。
  2. 検索エンジンのオートコンプリート機能を活用します。シードキーワードをひとつずつGoogleに入力し、オートコンプリートで表示される結果を確認することで、ユーザーが行う質問形式の検索に対する理解が深まります。
  3. Googleや他の検索エンジンの検索結果の下部に表示される「関連する検索キーワード」表示を確認します。
  4. この調査を利用して、最適化したいロングテールキーワードのリストを作成し、対策に移ります!

こうしたロングテールキーワードに関して、マークアップされたコンテンツを作り込むことで、お客様が最も購入・サービス利用意欲の高い瞬間に自社の情報を確実に見つけてもらい、トラフィックとコンバージョンの増加につなげることができます。

 

ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ