音声検索の最適化

音声検索の時代。準備は万全ですか?

Siri、Amazon Alexa、Googleアシスタント、Cortana。これらのデジタルアシスタントに自社の所在地、営業時間、商品やサービスを尋ねたら、何と答えるでしょう?こういった質問はまさに、お客様が尋ねる質問なのです。昨年だけでも、消費者の58%が音声検索を使用してローカルビジネスの情報を調べています。音声認識サービスの登場により、消費者がブランドに関する情報を検索する方法は劇的に変わりました。こうした変化に対応する準備はできていますか?

ねえ、Alexa — 私の事業について知っていることを教えて。

ユーザーエクスペリエンスや今日の音声認識サービスの背後にあるアルゴリズムをコントロールすることはできません。しかし、ご自分の事業に関する最新で最も精度の高い情報を提供することで、消費者に正確な情報が提供されるよう支援することはできます。Yext Knowledge Managerは、こうしたサービスに提供したい自社ブランドに関するあらゆる情報を構造化し、管理する上でのサポートを提供します。YextとAmazon Alexaとの直接的な連携、およびGoogle、Apple、Bing、Facebook、Yelpを始めとする100以上の主要サービスとの連携により、現在そして将来の音声認識サービスの背後にあるデータベースへ確実に情報を届けます。

ウェブサイトを音声検索向けに最適化

音声認識サービスは、構造化されたデータから営業時間、所在地、写真などの豊富な検索結果を提供します。したがって、ウェブサイトのコンテンツは、これらの検索サービスが検索できるような形で構造化しておく必要があります。Yextの導入により、1行のコードでウェブサイトに構造化データ(別名スキーマ)を容易に付け加えることがきます。

古い情報、正しくない情報を消去

Yextは、企業情報の重複を排除し、間違った所在地や営業時間など、誤った情報を削除します。音声検索でユーザーが得る結果はひとつしかありません。従来の文字検索に比べ文字量が少なく、代替となるオプションも少ないのも特徴です。自社に関する誤った情報を、Siri、Cortana、Googleアシスタントが見つける前にデジタル空間から削除しておくことの重要性がこれまで以上に増しているのです。Yextは、厳密なデータクレンジングプロセスと特許取得済のDuplicate Suppression技術で、お客様のデータが一貫して正しくフォーマットされ、ウェブ全体でブランド情報が正確に表示されるようにします。

Yextを通じて、企業ブランドがどのように音声検索に向けて最適化されるのか、実際にご覧ください。

デモを申し込む