メニュー管理

メニュー管理の合理化を実現する

食事をする場所を探すとき、お客様は通常 少なくとも3つの選択肢から選びます。そして、各レストランを近隣の競合と差別化するための主要な情報源は メニューです。Yextを使用すれば、POS、CMS、サードパーティの情報提供パートナー、情報発見サイトなど、レストランで毎日使用されている数多くのシステムをつなぐことにより、こうした豊富な情報を一元化できるようになります。どのような点でYextがメニューデータのスムーズな提供に役立つのか、確認してみましょう。

多角的な分析を、好きなやり方で

YextのフレキシブルなKnowledge Managerを使用すれば、メニュー情報を1つの場所からコントロールできます。全国、地域、あるいはローカルのレベルでメニューを開発するかに関わらず、お客様の好きな方法ですべてのメニューを整理/保存できます。

メニューのアイテムを目立たせる

消費者の59%が、外食する場所を選ぶ前には必ずまたは頻繁に料理の写真を見ると回答しています。カロリーや写真などのメニューアイテムに関するさまざまな情報を追加することで、消費者は、お客様のビジネスについて興味をそそるすべての詳細情報を見つけることができるようになります。

消費者が必要なものを提供していることを伝えましょう

消費者が必要としているものを御社が提供していることが分かるよう、メニューを表示しましょう。メニューを同期することで、Zomato、delivery.com、Postmatesなどのサイトを擁するKnowledge Network全体に構造化されたメニューやメニューURLを公開できるようになります。

現地のマネージャーを支援

ローカルのメニュー情報を収集することがどれほど難しいかを当社は理解していますが、Yextの洗練された権限付与/承認ワークフローを使用すれば、ローカルのメニュー情報を最新の状態に保つ必要のあるデータを取得できます。現地のマネージャーは、事業の管理を維持しながら、特殊なメニューのアイテムや価格などの情報を熟知し、こうした情報を編集できるようになります。

お客様の声

お客様は情報検索にモバイル・デバイスを利用しています。昼休みにオフィスを出たお客様は、今日はどこで食べようかと思いながら、現在位置の周辺で「美味しいランチの店」などと検索します。そこに名前が出ることが重要なのです。Yextとのパートナシップにより、私たちはそこに必ず登場するという確信があります。

Rob Lynch、Arby'sブランド・プレジデント兼最高マーケティング責任者

私たちは、フランチャイズ業者が現地のウェブページや現地のソーシャルチャンネル、特にFacebookを、自ら更新し、実際に各店舗を訪れるお客様にリーチすることを望んでいました。こうしたことは、全国規模で実施することはできないからです。Yextはプラットフォームを既存のシステムに関連付けることによって、この実現を後押ししてくれました。つまり、加盟店は実際に当社の内部ポータルから、Yext PagesおよびYextのFacebookのリスティングにアクセスできるようになったのです!

Erik Jensen、ブランド・エンゲージメント担当シニア・ディレクター、Denny's
Yext Knowledge Manager

公開しているブランド情報の唯一の情報源。 Yext Knowledge Manager はブランドに関するあらゆる公開情報 – 店舗マップ、営業時間、実施中のキャンペーン、メニュー、駐車場の入り口など、お客様が検索するであろうブランド情報を管理するハブとして機能します。業界最高レベルのクラウドソリューションとしてブランド情報をコントロールする環境をご提供し、お客様があなたのブランドと接する様々デジタルチャネル上で企業の情報をリッチにするお手伝いします。

Yext Knowledge Engineを使うと、企業のオンライン上の情報がもっと正確でわかりやすくなるよう管理できる、その威力を実感してください。

デモを予約する