【30以上の店舗・拠点】を持つ企業に必要な7つの検索対策ガイド
【30以上の店舗・拠点】を持つ企業に必要な7つの検索対策ガイド

Google によると、 1/3 以上のスマートフォンでの検索が「新宿 ドラッグストア」などの地域名と目的をかけ合わせたキーワードでの検索(ローカル検索)になっています。こういった検索で自社の情報を上位に表示させるには、MEO(Map Engine Optimization)対策(ローカルSEO)が必要です。

そこでMEO対策で注目を集めるのが、Googleなどの世界150以上の検索エンジンやマップ、SNSに正しい自社情報を発信できるYext(イエクスト)が提供する、【30以上の店舗・拠点向けの】新しい検索クラウドサービスです。Google 検索で店舗情報がユーザーに見つけられやすくなります。

Yextが提供するクラウドサービスは、Google マイビジネス(GMB)やGoogleマップなどとリアルタイムに連携することで、店舗や拠点に関する正しい情報を一元管理することができます。Yextが提供するMEO対策/ ローカルSEOについては「店舗・拠点を持つ企業に必要な7つの検索対策ガイド」をぜひダウンロードしてご覧ください。

【30以上の店舗・拠点】を持つ企業向けガイドの概要
・スマートフォンでの「特定の地域」に関連した検索の増加
・Yextが提供するMEO対策/ ローカルSEO
・検索エンジンやマップ、SNSでの検索の増加
・ユーザーの検索意図を捉えるには

ホワイトペーパーをダウンロード
required
required
required
required
required

Yext (イエクスト)導入企業

Yext(イエクスト)とは

Yextは、自社ウェブサイト、検索エンジン、マップ、SNSなど、150以上のデジタル・サービスとリアルタイムに連携し、自社の正確な情報発信を可能にするクラウド型プラットフォームを提供しています。検索での顧客体験やブランド認知度の向上、検索からの新規顧客の獲得など、様々な面で効果を実感できます。 Yextを活用することで、インターネット上に散在する自社情報を企業自身が管理することが可能になります。

Yextは2006年アメリカ ニューヨークで設立し、米・フォーチュン誌が毎年発表する「フォーチュン 500」企業の半分近くがYextを利用しています。