検索の未来

ヘッドフォンをつけ、携帯電話を使用して現在営業中の「近くのピザ屋」を検索する男性

検索インテントの意義とその重要性

ユーザーが検索エンジンにクエリを入力する動機となるのが、検索インテントです。検索エンジンとユーザーの進化に伴い、デジタルマーケティング戦略における検索インテントの重要性は高まる一方です。検索の内容が複雑性を増し、会話型となる(検索の50%が単語4語以上)一方で、表示される検索結果もより具体的なものへと進化しています。  こうした複雑かつ会話に近い検索から得られるメリットのひとつが、顧客やオーディエンスの求めている内容を正確に把握できるという点です。マーケティング業界では、検索インテントは通常、検索クエリの特定のキーワードに基づき「行動を取る」、 「知識を得る」、「足を運ぶ」という3つのアクションに分類されます。さらに、簡潔で議論の余地のない回答を対象とした 「簡単に知識を得る」というサブカテゴリーも存在します。これは、ゼロクリック検索に結果が表示されるタイプのクエリを指します。 行動を取る:取引関連や商業的な検索インテント これらの検索からは、ユーザーがアクションを実行する準備ができていることが見て取れます。以下のように、製品やサービスの購入を行ったり、ロケーションを訪問する意図が見られるものです。 「近くのピザ屋」 「GUESSジーンズのセール」 「ソルトレークシティからブライスキャニオン国立公園への道順」 「屋外Bluetoothスピーカーのセール」 「テキサス州オースティンの中古バイク部品」 「Kiehl’s 送料無料」 意欲の高いキーワードの詳細をチェック。 知識を得る:情報や調査目的の検索インテント これらの検索は、通常、購入目的ではなく、ユーザーが何らかの情報を得るために行うものとして分類されます。 「トム・クルーズの身長は?」 「蛇口の漏れを直す方法」 「クロアチアの首都は?」 「PDFファイルをiPhoneに保存」 「5kmレースのトレーニング計画」 「スモーキーアイメイクのチュートリアル」 「Taco Bellの第一号店は?」 情報検索で興味深い点は、目ざといデジタルマーケティング担当者なら検索ユーザーの取引への誘引に活用できる機会がいくつか含まれているという点です。例えば、「5kmレースのトレーニング計画」を検索するユーザーが最終的にランニング誌の定期購読を申し込む可能性は大いにあります。あるいは、スニーカーのレビューを探して購入につながる検索をしたり、「ランニング向けのおすすめワイヤレスヘッドホン」と入力してイヤホンを探す可能性もあるでしょう。  検索ユーザーが製品やサービスに関する調査を行っていることを示す「レビュー」「比較」「手頃な」といった単語を含む非ブランド検索は、顧客とその購入への道筋によって、情報目的とも取引目的ともみなすことができます。 […]

2019-08-06