jamedaとYext、40以上のオンラインポータルで医師の可視性を向上

現在、ほとんどの人がインターネットで医師や治療法の情報を探しています。そして、このチャネルで直接予約を取ることもよくあります。新型コロナウイルス感染症の大流行と、それに伴う遠隔地からの医療アドバイスの必要性は、この行動をさらに強化しています。多くの人にとって、ドイツ最大の医師と患者のためのプラットフォームであるjamedaは、最初の連絡先となっています。2007年の設立以来、このプラットフォームは、患者を適切な医師や医療従事者に導くことを目的としています。現在、約275,000人の医師やその他の医療従事者がjamedaを通じて検索できます。そのために、同社は定期的に製品の革新や特別なサービスに力を入れています。jamedaでは、患者はドイツの登録医師の中から自分のニーズに合った担当者を見つけることができます。jamedaには、他の患者の推薦や医師が提供する情報が掲載されており、患者をサポートします。また、プラットフォームを介して直接予約を取り、ビデオコンサルテーションで医師を訪問することも、同社の継続的な成功の理由となっています。ドイツ国内では、毎月600万人以上の患者がこのプラットフォームを利用しています。

とはいえ、すべての患者がjamedaのウェブサイトで検索を始めるわけではありません。Yextの調査によると、調査対象者の61%が、適切な医師を探すために特に検索エンジンを利用しています。彼らが期待しているのは、正確で完全な情報と、最高の医療専門家との直接のコンタクトです。

すべての関連タッチポイントで正確で公式な情報を提供
jamedaは2021年3月よりYextと協力し、jamedaに掲載されている医師や医療従事者の情報をインターネット上での見つかりやすくします。Yextとの協力により作成されたjamedaの新しいOnline Presence Managerは、一種の中央データインターフェースとして機能します。jamedaに掲載されている医師や医療従事者は、Yextとの連携により、既存のjamedaプレミアム・プロフィールの診療情報を40のオンライン・プラットフォームに自動的に転送することができます。これらの情報には、住所、連絡先、診察時間、jamedaオンライン予約の可能性だけでなく、医師や医療専門家のそれぞれの専門分野が含まれます。これらの情報は、jamedaプラットフォームに加えて、検索エンジン、ナビゲーションサービス、ビジネスディレクトリ、ソーシャルメディアプラットフォーム、Amazon Alexaなどの音声アシスタントでも検索できます。jamedaと統合しているプラットフォームのみを対象としています。

「医師の検索と予約は、ますますオンラインで行われるようになっています。そのためには、jameda.deやオンライン・ビジネス・ディレクトリーへのプロフェッショナルなエントリーが不可欠です。これは、適切な医師や予約先を探している患者にとっても、医師が希望する患者にアプローチする際にも同様です」と、jamedaのCEOであるフロリアン・ヴァイス博士は述べています。Online Presence Managerを利用することで、医師や医療従事者が40以上のポータル上でのオンライン・プレゼンスをjamedaの顧客エリア内で便利かつ簡単に管理し、データの完全性と信頼性を維持できるようにサポートしています。

医療従事者がオンラインでの認知度を高めることができるだけでなく、患者にもメリットがあります。統合され、オンラインでの認知度が高まることで、患者は医療を受ける機会が増え、適切な専門家を探す際に信頼できる正確なデータを得ることができます。これらの有効な情報の完全性は、医師を自由に選択するための基盤となり、医療市場の透明性を強化し、最終的には医師と患者の関係を良好にすることにつながります。

「特に今、新型コロナウイルスとそれに伴う不確実性の中で、症状が出たとき、多くの人が急に医者を探し、正しい情報を期待しています。この期待に応えるためには、一貫性のある公式データでオンラインで検索されることがますます重要になります。今回の連携により、医師がオンライン上で自分自身をより良く表現する機会を提供することができます。同時に、患者にとっても新たなデジタルタッチポイントが生まれます。」と、Yextのグローバル・パートナー担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントのルイス・バプティスタ-コエーリョは述べています。

効率的なデジタルフットプリントの強化
関連するデジタルプラットフォームへの診療情報の転送は自動的に行われ、それぞれの医師にはそれ以上の手間はかかりません。「医師は患者のケアをしたいのであって、オンラインプレゼンスを詳細に管理したいわけではありません。」とルイス・バプティスタ-コエーリョは述べています。さらに、Online Presence Managerでは、医師はより詳細なパフォーマンス測定を受け、オンラインプレゼンスの向上を追跡することができます。この目的のために、Yextはインプレッション(表示回数)やプロフィールビューに関する主要な数値を表示する個別レポートを提供しています。 医師や医療従事者は、インターネット上での自分の知名度をよりよく把握することができます。

自分の情報の権限を取り戻す
ウェブ上の医師のデータに対する権限も、Yextの連携において重要な役割を果たしています。「医師は、自分のクリニックがどのウェブサイトに登録されているかを知らないことがよくあります。また、自分でエントリーを作成していないこともよくあります。このような状況では、患者が検索に使用するオンラインデータの管理ができなくなります。そのため、情報に誤りが生じやすく、患者の犠牲の上に成り立っています。最悪の場合、誤ったオンライン情報のために、患者は適切な診療が受けられなくなります。」とルイス・バプティスタ-コエーリョは述べています。このようなネガティブな体験は、将来的にそのクリニックを避けるようになる可能性があります。Yextの連携により、医師はオンラインデータのコントロールを取り戻し、jamedaを介してウェブ上の情報を一元管理できるようになりました。さらに、Yextはエントリーにアルゴリズムによる保護をかけ、第三者による変更ができなくなります。

このようにYextはヘルスケアネットワークにおけるパートナーシップに投資し続けています。

ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ