Yext、2020年秋の製品リリースの提供を開始

※本リリースは、米国 Yext, Inc.が 2020年12月1日(現地時間)に配信した英文リリースに基づき作成した日本語抄訳です。

検索のクラウドプラットフォームを提供するYext, Inc.(NYSE:YEXT)は、2020年秋の製品リリースの提供開始を発表しました。

今回のリリースには、最新のアルゴリズム「Andromeda」のアップデートや次世代のサイト検索製品、Yext Answersの日本語対応など、Yextプラットフォームの機能強化が含まれます。また、Answers実装オプションの拡大、Yext Knowledge Graph(企業に関する公式情報を構造化した形で保管する脳のようなデータベース)での情報整理、Bingでのビジネス情報に関する顧客からの修正提案の確認なども含まれます。

Yextのチーフ・ストラテジー・オフィサーのマーク・フェレンティーノは「デジタルファーストを実践できない企業は、現在の予測ができない急激に変化する状況において競争に取り残され、顧客を失望させてしまうでしょう。2020年秋の製品リリースは、より軽快で、そして高い信頼性を備えた新しいツールや機能を提供することで、企業や組織は最高のデジタル体験を実現できます。」と述べます。

2020年秋の製品リリースには以下の機能が含まれます。

  • Andromedaアルゴリズムのアップデート
    次世代のサイト内検索製品「Yext Answers」日本語版の提供を開始しました。また、セマンティック・テキスト検索のような機能も導入されており、キーワードやシノニムではなく、クエリの背後にある意図に基づいて、最も関連性の高いFAQを簡単に表示することができます。

  • Answersの新しい実装オプション
    Yext Answersの実装オプションとして、オーバーレイオプションが追加されました。プロンプトボタンをウェブサイトの隅に追加することで、クリックした時にAnswersの検索バーを表示することができます。さらに、新しいプラグインにより、WordPressで構築されたウェブサイトにAnswersをシームレスに統合することができます。

  • Knowledge Graph カスタムセクション
    Yext Knowledge Graphで情報を整理する際に、フィールドを並べ替えたり、グループ化したりすることができます。例えば、イベントの日時の前に会場名を表示したり、会場名、住所、緯度、経度のフィールドをロケーションをテーマにした1つのグループにまとめたりすることができます。

  • Bingでのパブリッシャー提案の確認
    Bingが米国でのパブリッシャー提案に対応しました。米国内の企業では、GoogleやFacebookからの消費者による編集提案に加えてYextプラットフォームでBingからの消費者による編集提案を確認できるようになりました。

詳細については2020年秋の製品リリースノートを参照してください。

ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ