サイト内検索とは ー サイト内検索がビジネスに重要な理由

ウェブサイト上の「検索バー」に単語やフレーズを入力したことがある人なら、サイト内検索が何であるか知っているはずです。簡単に言えば、サイト内検索とは、GoogleやAmazon Alexaなどのサードパーティの検索サービスを介して情報を探すのではなく、企業のウェブサイト上で直接、商品やサービス、情報を検索するプロセスのことです。

簡単な例を使ってみましょう。スカートを購入したい顧客が、お気に入りの小売店のウェブサイトにアクセスし、検索バーに「黒のタイトスカート」と入力したとします。理想的には、この検索でオンラインで販売されている黒のタイトスカートの結果が表示され、顧客が目的の商品を見つけ、クリックして購入することが簡単にできるようにすることです。

なぜサイト内検索は、あなたのビジネスにとって重要なのでしょうか?

サイト内検索は、あらゆる業種のビジネスにとって非常に重要です。まず第一に、貴社のウェブサイトで検索を開始した顧客は、貴社のブランドをすでに認識しており、貴社からの回答を求めているということであり、取引への意思が高いことを示しています。

例えば、貴社の金融機関のウェブサイトにアクセスして「家族信託専門のファイナンシャル・アドバイザー」を検索した人は、一般的なGoogle検索でファイナンシャル・アドバイザーを検索した人よりも、貴社のファイナンシャル・アドバイザーと取引をしようとする意思が強いことを示しています。どちらの検索状況も重要ですが、あなたのウェブサイトの顧客は、最初からすでにあなたのブランドと交流しています。

優れたサイト検索体験は、まさにそれを実現します。貴社のウェブサイトにアクセスし、ニーズに関連する質問をして、関連する結果をすぐに見ることができる顧客は、貴社と取引をする可能性が高くなります。黒のタイトスカートを購入したり、財務アドバイザーに電話をかけたりする可能性が高くなります。顧客が意図した瞬間に適切な回答を提供し、ウェブサイト上で優れたサイト検索体験を作成すれば、コンバージョン率を向上させることができます – うまくいけば、顧客が再び貴社のウェブサイトに来たくなるようなシームレスな体験を提供することができます。

優れたサイト検索体験は非常に価値のあるものです。平均して、ウェブサイトへの訪問者のうち、サイトの検索機能を利用しているのはわずか15%ですが、これが収益の45%を占めています。また、検索したユーザーは、検索しないユーザーに比べてコンバージョンする可能性が1.8倍高くなります。

一方で、サイトの検索機能が悪ければ、コストがかかることもあります。その顧客が “家族信託を専門とするファイナンシャルアドバイザー “と検索しても、一般的なファイナンシャルアドバイザーの結果しか表示されない場合や、青いリンクの混沌としたリストが表示される場合はどうでしょうか?追加のクリックごとに、顧客が不満を感じ諦めてしまう危険性があります。つまり、その答えを提供できるGoogle検索エンジンに戻る可能性が高いということです。

ウェブサイトでは、お客様の体験をコントロールすることができます。顧客がそこに留まるようにすることが重要です。

 

ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ