インテントマーケティングでCMSへの投資を高める方法

今、検索で起きているパラダイムシフトは、マーケターにとって変革的なものです。音声検索、チャットボットの普及、コネクテッドデバイスの導入、そしてGoogle、Pinterest、Bingなどの検索ツールの継続的な進化は、顧客がブランドを発見し、エンゲージメントし、取引する方法がこれまで以上に多くなったことを意味します。これらのタッチポイントでシームレスな顧客体験を確保し、コンバージョンに至るまでの道のりを迅速にすることは、マーケターにとって新たな課題ですが、私たちには秘密兵器があります。

これらすべてのテクノロジーとそれを支える人工知能(AI)の開発により、消費者の意図を明確に伝える質問、具体的な複数ワード検索(ロングテールキーワード)をすることに消費者は慣れてきています。例えば、消費者は、レストランではどのようなベジタリアンメニューがあるのか、レストランの営業時間は何時なのか、さまざまなベジタリアンメニューにはどのような食材が含まれているのかなど、知りたいことを検索することで正確に教えてくれています。

このシフトを勝ち取るための鍵は、インテント(検索意図)マーケティングです。トラフィック分析やウェブサイトのパフォーマンス、検索データ、検索結果ページの機能を分析することで、顧客が何を求めているのかを深く理解し、どこで検索していても、意図した瞬間にランディングページを見つけてもらえるようにすることができます。また、消費者の非常に具体的な質問に答えることが収益につながります。Conductor社の調査によると、ロングテールキーワード”近くの美味しいハンバーガー屋さん”など)の方が、シングルワード検索(”バーガー”)よりもコンバージョン率が2.5倍高いことがわかりました。

CMSで構築されたページを検索意図のために最適化する方法

  • キーワードリサーチで最新の情報を入手しましょう。
    顧客が検索している情報をランディングページで提供しましょう。

  • 質問に対応したページやコンテンツを作成する。
    消費者は、貴社の製品、サービス、プロバイダー、場所、ブランドについて質問をしています。これらの質問は、検索データや、ターゲット用語のオーガニック検索で上位にランクされているコンテンツを分析することで見つけることができます。これらの質問とその回答を中心としたコンテンツをFAQページ、製品ナレッジベース、またはブログとして構築することで、検索結果の上位表示とウェブサイトへのオーガニックトラフィックを増加させることができます。
  • このような行動を明らかにするためにレポートを更新し、社内の関係者と成功を共有しましょう。
    ダッシュボードやレポートなどを使ってトラフィックを分析し、店舗ページ、製品・サービスのカテゴリーページ、記事、その他のランディングページとホームページを比較します。

インテントマーケティング戦略を実装し、CMSから最大限の価値を引き出すには、Yextのような構造化データのソリューションが必要です。構造化データ*は、インテント(検索意図)の高い検索結果で上位に表示されるための鍵であり、ランディングページの作成とサードパーティのタッチポイントをまたいだブランドデータ管理の両方をスケーリングするための鍵となります。検索エンジンがコンテンツをより正確に、より深いレベルで理解できるようにすることで、関連性の高い検索結果でのシェアを増やし、リッチリザルトとして表示される可能性を高めることができます。構造化データを活用して、ローカルページ、イベントページ、製品ページなどのウェブページと検索エンジン、マップ、音声検索などのサードパーティの検索サービスの両方に同じ情報を提供することが不可欠です。

*構造化データとは、ウェブ上のデータを検索エンジンが理解できるように意味付けし、検索エンジンに認識されやすくすることです。

構造化データを管理することで、CMSで構築された体験を拡張し、デジタルエコシステム全体で検索エンジンや他のディスカバリーサービスと同じ言語を使用することができるようになります。消費者の質問により効果的に答え、SERP(検索結果ページ)に表示されやすくなり、トラフィックと収益を促進することができます。

消費者の意図に合わせてマーケティング戦略や構築する方法については、eBook「消費者の質問に答えを提供できるブランドとなるために」で詳しく説明しています。

この記事はAdobe Blogに掲載されたもので、タイトルは「Supercharge Your CMS With Intent Marketing」です。

 

ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ