ローカルSEO(MEO対策)に取り組むべき理由

ローカル検索向けに最適化

ローカルビジネス(地域で店舗ビジネス)を展開されている方、実店舗を展開する企業にとって、お客様との接点となる「ローカルSEO」「MEO (Map Engine Optimization)」はますます重要になってきています。ローカルSEOは、MEO (Map Engine Optimization)とも呼ばれ、「渋谷 カフェ」などのように「地域名+キーワード」で検索した時に、特定の地域や場所に関連した検索結果を上位表示するように、最適化を行うことです。

ローカル検索で表示される情報には、店舗の営業時間、休日・祝祭日のスケジュール、提供する製品やサービス、スタッフのプロフィールや連絡先情報など、各ビジネスロケーションに関する情報が含まれます。いずれも、店舗や製品・サービスに関して検索エンジンや消費者が情報に裏付けられた判断をするのに欠かせない内容です。

検索結果として表示される情報の70%は、Googleなどの検索エンジンやGoogle MapやApple Mapなどのマップ、SNS上の情報です。(Yext調べ)したがって、たとえ自社Webサイトの情報が正確であったとしても、Google検索エンジン、マップやSNSでビジネス情報の正確性と最新性を保てなければ、消費者は求めている情報を見つけられない可能性は多分にあります。

製品やサービスに関する情報が増え、その特殊性も増す中、そうした情報を提供する対象となるAIを活用した検索サービスの数も増加しつつあるのが現実です。無数の検索エンジン、SNS、音声アシスタントを通じて製品やサービスに関する情報を最新の状態に保つのは(管理に適したツールがなければ)膨大な時間がかかりますが、避けて通れないタスクと言えます。

ローカル検索が中心となる時代がやってくる。

今日の消費者は、検索した時に、知りたい内容に関連性の高い結果が表示されることを期待しています。こうした傾向は、スマホの普及とともに広がり、「近くのXX」検索でさらに強まりました。現在では、Googleなどの検索エンジンは、モバイルとデスクトップの双方で、「レディース 靴店」や「おすすめの中華料理店」など、多くのキーワードでローカル検索結果をデフォルトとして優先しています。「近くの」という修飾キーワードはもはや不要になりつつあります

ローカル検索が検索結果で優先されることを踏まえれば、優れたローカル検索は優れたSEOと同義と言えます。そして、検索結果の情報が不正確であったり、一貫性に欠けたりする場合には、ローカルSEOに悪影響が及び、ひいては口コミでの評価やランキング、検索順位をも損ねる結果となりえます。

ローカル検索は、従来型の検索よりも広範なサービスに分布しています。

ローカル検索の数は爆発的に増加しています。また、スマホ検索では、従来型の検索に比べてGoogleマップ、AppleマップやFacebookなどのサービスが大きなシェアを占めています。

ローカル検索の分布

新たな消費者向けサービスの登場で、さまざまなお客様との接点が生まれています。

スマホでのローカル検索の75%が、同日内の実店舗への訪問に結びついています。さらに、こうした訪問のうち、およそ30%が実際の購入・来店に至っています。つまり、ローカル検索結果に表示されることで、購入意欲の高い消費者に最寄りの店舗や拠点の詳しい情報を伝えられるようになるのです。

不正確な情報は、ブランドへの信頼の失墜や機会損失を招きます。

もし、こうした検索エンジンやマップの内容に誤りがあったり、店舗情報がちゃんと表示されないとしたら、どうなるでしょう。店舗や製品・サービスに関する情報が不正確なことで、潜在的顧客が店舗を訪問したり製品を購入する機会を逃すだけでなく、ブランドに対する信頼が低下する結果さえも招きかねません(Googleマップには今や、そのロケーションに向かっているユーザーに対して対象店舗が閉店しているという警告をプッシュ通知する機能も搭載されています)。その結果、競合他社にお客様を奪われる事態が生じる可能性があります。

 

ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ