The Everywhere Brandとなるためにー#3: 構造化され、整理されていること

Everywhere Brandになるためには、購入に至るステップ全体の不正確なデータの問題や摩擦点を解決できるよう、必要な要素が適切に組み合わされている必要があります。マーケティング担当者は、人間、プロセス、テクノロジーを組み合わせて、これらの問題を解決できます。

テクノロジーを最後に言及したことにお気付きになりましたか?テクノロジーは単なるツールに過ぎないからです。テクノロジーが時間を節約し、ビジネスを成長させるソリューションを提供するには、人間とプロセスが必要なのです。

構造化の第1のステップは、マーケティング、オペレーション、製品、法務などのあらゆる部門で適切な人々を集め、ブランドのデジタル・ナレッジの最良の情報源を見極めることです。Everywhere Brandの基盤となるのは、この部門間のコラボレーションです。

第2のステップは、貴社のデジタル・ナレッジに関する正確かつ唯一の情報源が存在すること、つまり重複する情報源がないことを確実にするプロセスを特定することです。すべての部門がビジネスのデジタル・ナレッジの情報源を認識すれば、そのナレッジはデジタルサービス全体で効率的に更新されることができます。

このプロセスを特定した後、第3のステップでは、デジタル・ナレッジ・マネジメント・プラットフォームを使用することになります。そして真実の情報源を強化し、デジタルサービス全体にわたるブランドのデジタル・ナレッジを管理していきます。プラットフォームを使用することで、ブランドはどのデジタル プレゼンスでもブランド情報をコントロールすることができるようになります。

このシリーズの第4回では、Everywhere Brandの成功する4つ目のポイント、「リアルタイムであること」について取り上げます。さらに詳しく知りたい方は、ホワイトペーパー「The Everywhere Brand: あなたのウェブサイトのその先へ。デジタル・ワールドとともに」をダウンロードしてください。

ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ