Yextメンバーが語る「Yextとは何か」

はじめまして。マーケティング担当の清水です。私がYext(イエクスト)をご紹介します。

Yext(イエクスト)は、2006年にニューヨークで創業。2017年にニューヨーク株式市場に上場しています。米フォーチュン誌が毎年発表する「フォーチュン500」企業の半数近くがYextを利用しています。タコベル、マリオットホテル、ジャガーランドローバー、サムソンを始めとする様々な企業やブランドがYextを導入しています。また、Yes, Nextを略してYextとなったと聞いています。

 

Yextの目指すところ

Yextが目指すのは人々がオンラインで質問をしたときに、サイトのリンクではなく、AIを活用して、的確な答えにすぐにアクセスできるようにすることです。

  • 製品、サービス、店舗、イベント、FAQ、採用情報、製品マニュアルなど、様々な企業の情報をYextに整理して保管
  • Google、iPhone、AIスピーカーといった、多様化する検索サービスにその情報を提供
  • Google検索のような体験が届けられる企業サイト内検索を提供

そうすることで、企業サイト内外で人々がほしい情報にすぐにアクセスできる世界を実現するソリューションがYextなのです。

Yextを導入するメリット

オンライン上の情報やデータが爆発的に増加する中、検索の重要性はかつてないほど高まっています。しかし、消費者向け検索はGoogleによって時代とともに進化してきましたが、企業向け検索の大半は、検索ワードを含むサイトのリンクの一覧を提供する時代遅れのキーワード検索技術を使用しています。Yextは、その古い検索技術から脱却し、Googleのような検索体験を提供する最新のサイト内検索(AI検索)を提供します。

Yextの最新のサイト内検索を使用することで、企業は自社サイト内でGoogleのようなリッチな検索体験を提供できます。顧客はサイトのリンクではなく、ほしい情報にすぐにアクセスできるので、ブランド体験の向上や、正確でリッチな情報が届き、結果としてビジネス機会を創出やコスト削減などにも繋がります。

 

日本におけるYext

アメリカでは、企業サイト内で顧客がほしい情報にアクセスしやすくすることの重要性が理解され、多くの企業がYextを導入しています。今では企業ウェブサイトだけでなく、カスタマーサポートやアプリ、ECサイト、イントラネット上での利用も進んでいます。日本の企業にとっても、企業の情報を整理整頓し、AIを活用して人々が情報にアクセスしやすくするということは非常に重要なテーマであり、その取り組みが増えています。日本では2017年に日本法人を設立し、事業活動を展開しており、顧客企業は株式会社JTB、ヤマト運輸株式会社、株式会社トリドールホールディングスほか、たくさんの大手企業でご活用いただいています。

Yextのお客様事例はこちら

Yext入門ガイドはぜひこちらからご覧ください。

ご不明な点はお問い合わせください。03-5472-7631

お問い合わせ