ニュース&メディア

Yext 会社の最新のニュース&メディア報道

企業ニュース

全国230店舗の飲食店を展開するTBIホールディングスが、店舗情報管理にYext Knowledge Engine™を採用 ~デジタル上でのブランディングを大切にする飲食店の情報管理術~

デジタル・ナレッジ・マネジメント(DKM)のリーディングカンパニーであるYext(イエクスト)社(NYSE:YEXT、日本法人:株式会社Yext、代表取締役会長兼CEO:宇陀 栄次)は、株式会社TBI ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山田 竜馬)がYextのKnowledge Engine™を採用したことを発表します。TBI ホールディングスは、これにより全国230店舗の営業時間や所在地などの正確な情報をウェブ上で提供できるようになり、GoogleやFacebook、トリップアドバイザーなどにおける情報を一括で更新できるようになりました。 YextのKnowledge Engineは、GoogleやAppleマップなど世界中で利用されている100以上の検索エンジン、マップ、アプリ、音声アシスタント、ソーシャルネットワークと直接統合されています。また、日本語、英語、中国語に対応していることから、訪日外国人が英語や中国語で検索を行った場合でも結果を管理することが可能になりました。 TBIホールディングスは、総合居酒屋・バル・ダイニングだけでなく、しゃぶしゃぶ 焼肉食べ放題の『めり乃』、チーズダイニングの『CHEESE SQUARE』、ハチミツ掛け放題の創作イタリアン『Bee House』など、食材やメニューに専門性のある店舗を、全国で230店展開しています。TBIホールディングスのフォトジェニックなメニューはSNSで話題になり、様々なメディアにも取り上げられていますが、FacebookやGoogleマップ上で正しく表示されない店舗もありました。SNSでのプロモーションに力を入れているTBIホールディングスにとって、Yextを通じて、SNSを含めたデジタル上で全ての店舗の正しい情報を掲載できることは非常に意義があります。また、訪日外国人をメインターゲットとしたインバウンド専門業態の開発や運営もしており、Yextが多言語での検索に対応していることも採用の大きな決め手となりました。 Yextについて、ならびにYextを活用してどのように企業のデジタル・ナレッジを管理ができるか、についての情報は、www.yext.co.jp をご覧ください。

2018-10-17

Yext 2018年サマー・リリースが一般に使用可能に

デジタル・ナレッジ管理(DKM)のリーダーYext, Inc.(NYSE: YEXT)は本日、Yextのすべてのお客様とパートナーに対して2018年サマー・リリースの提供を開始したことを発表しました。2018年サマー・リリースには、Yext Knowledge Assistantの新しいスキル、Facebookでの新しいPublisher Suggestion機能、Yextプラットフォーム経由でのGoogle User Photoモニタリングおよび監視機能が含まれます。企業が自社のウェブサイト等やウェブ全体を通してイベント情報を管理、公開、宣伝できるYextの新たなソリューション、Yext for Eventsについては、8月9日からお客様への提供を開始しています。 2018年サマー・リリースには以下の機能も含まれ、お客様とパートナーへの提供を開始しています。 Knowledge Assistantに新たに11のスキルを追加: Yextの対話型ユーザーインターフェイス、Knowledge Assistantに、消費者やGoogle、Alexa、Bing、Facebookなどのサービスに常に最新の情報を提供できるようYextのお客様に情報の更新をリマインドする機能が追加されました。加えて、Knowledge Assistantに「未対応のレビューを表示して」、「Googleから何件電話があった?」などと質問し、友達にSMSを送るような手軽さでパフォーマンスを把握できるようになりました。 Publisher Suggestions on Facebook: Facebookユーザーによる自社のFacebookロケーション・ページに対する提案を企業がYextダッシュボード内で確認し、これらの提案の承認/却下を選択できるようになりました。 Google User Photos: Googleマップユーザーが自社店舗やロケーションから投稿する写真を企業がYextダッシュボード内で直接監視できるようになりました。また、写真の閲覧回数などの分析の確認も可能です。 […]

2018-08-29

2018サマー・リリースのYext for EventsでYextが企業によるイベント情報管理を実現

Digital Knowledge Management (DKM)の大手Yext, Inc. (NYSE: YEXT)は本日、Yext for Eventsを発表しました。企業による自社のデジタル媒体やウェブ全体を通じたイベント情報の管理および公開を実現する同社の新たなソリューションで、ベータ版による提供を終了し、Yextの顧客やパートナー向けに一般提供が開始されたものです。Summer 2018リリースにはYextプラットフォームの新機能もいくつか含まれ、アーリーアクセスによる提供を本日開始しています。 「あらゆる種別の企業が見込み客にエンゲージし、コミュニティとのつながりを深めるためにイベントを利用していますが、イベント情報の管理は非常に時間がかかるもので、またチーム間、企業の自社ウェブサイト、消費者がイベント検索に利用する多数のサービスを横断しての管理が困難であるという側面も見受けられます。」Yextのチーフ・ストラテジー・オフィサーのMarc Ferrentinoはこう語ります。「Yext for Eventsは、企業がイベント情報を管理し、様々なプラットフォームを通じて消費者に届けるための強力なツールとして作られました。イベントに関するデジタル・ナレッジの正しい情報源として核となるまったく新しいソリューションがYext for Eventsなのです。」 Yext for Eventsにより、企業は、デジタル生態系全体においてイベントを作成、更新、公開し、さらにその効果を測定することが可能となります。Yextは、企業がイベントの開始・終了時刻、場所や説明といった重要な情報を管理し、Event Pagesを作成して自社ウェブサイトへ追加し、FacebookやEventfulなどのイベント情報サイト、加えてEventbriteなどのイベントチケット販売プラットフォームに広くイベントを公開するために必要なハブとなる正しい情報源を提供します。 ベータ版の早い段階でYext for Eventsを採用した企業の中にはBen & Jerry’sがあります。同社は、「フリーコーンデイ」のイベント情報管理と公開にYext […]

2018-08-02

続きを読む