音声検索の最適化

音声検索の時代、準備は万全ですか?

Siri、Alexa、Google Assistant、Cortana。

日本でもよく聞かれるこれらのサービスの普及に伴い、

現在では世界中で71%の人が何らかの形で音声検索を使用しています。

AIスピーカーの使用は2019年には130%増加し、推計では2020年に

すべての検索の50%が音声や映像で行われるようになります。

こうしたトレンドはすでに、ユーザーの検索スタイルを

劇的に変化させています。準備は万全でしょうか?

デジタル・ナレッジをコントロール

音声検索の利用とサービスが急速に普及している現在、ビジネス情報を常に最新の状態に保つことが重要になっています。 Yextは、Google、Apple、Bingなどの16を超える主要なサービスを通じて、あなたのビジネスに関する情報を一元管理しています。

ウェブサイトを音声検索向けに最適化

音声検索エンジンはタグで構造化されたデータをもとに、営業時間、住所、写真等の豊富な情報を検索結果として返します。そのためには、検索エンジンが認識できる形式に構造化(構造化データ)されている必要があります。Yext Knowledge Tagsは、たった1行のコードで御社サイトに構造化データ(Schema.orgで有名)を組み込みます。

正確な情報を確保します

音声検索は、一つのダイレクトな答えを返します。重複するリスティング、不正確な住所、間違った営業時間などは、検索結果を妨げます。つまり、Siri、Cortana、Googleアシスタントに正しい情報を与えることがさらに重要になります。Yextの導入は、厳密なデータクレンジングで、正しい形式で統一すること確保します。

Yext Knowledge Engineを使うと、企業のオンライン上の情報がもっと正確でわかりやすくなるよう管理できる、その威力を実感してください。

デモを予約する