メニュー管理

効率的なメニュー管理を実現

消費者が食事する場所を探す場合、たいてい3つ以上の候補から選択します。各レストランを隣のレストランと差別化する重要な情報の源となるのが、レストランのメニューです。レストランが日々利用しているさまざまなシステム(POS、CMS、外部のデリバリー・パートナー、グルメ検索サイトなど)にYextを接続することで、このリッチな情報を集約化できます。Yextでレストランのメニュー・データを簡素化することができます。その方法についてご覧ください。

切り口自在、思い通りに分析

柔軟性のあるYextのKnowledge Managerを利用すれば、メニュー情報を1ヵ所から管理することができます。メニューが、全国、地域、ローカルのいずれのレベルで作成されていても、すべてのメニューを思い通りに整理、保存できます。

メニューを目立たせる

消費者の59%が常にまたは頻繁に、食事の写真をオンラインで見てから食事の場所を決めます。。消費者があなたのおいしそうなメニューの情報を確実に見つけられるように、メニューに関する写真、カロリー表示などの豊富な情報を追加しましょう。

消費者ニーズを満たす

今食べたいものが提供されているかどうかを確認できる、そのためにメニューがあります。あなたのメニューを構造化データとURLの形でPowerListings Network®上にパブリッシュすると、Zomato、delivery.com、Postmatesなどのサイトに同期できます。

店長にコントロールを

店舗ごとのメニュー情報を収集するのは大変です。Yextの洗練された許可・承認ワークフローを利用すれば、必要なデータを取り込み、ローカル・メニュー情報を最新の状態に維持できます。全体を管理しつつ、店長がメニュー情報を編集できるようにしましょう。特別メニューや価格のような情報を一番よくわかっているのは店長なのですから。

弊社のお客様の声

「消費者は何を探すにしてもモバイル機器を使います。職場を出て、今日のラ ンチは何にしようかなと考えながら、『ランチのおいしいお店』で検索します。 こうした検索はロケーションに基づいています。この検索結果に当社が表示さ れるようにしたいのです。Yextとのパートナーシップによって、これが確実に 実現します」

ROB LYNCH、ブランドプレジデント兼最高マーケティング責任者(CMO)、ARBY’S

「当社のフランチャイズ加盟店が、自身のローカル・ウェブページやローカル ・ソーシャル・チャネル、特にFacebookページを更新できるようにしたいと考 えていました。そして加盟店が実際にお客様にリーチできるようにしたかった のです。しかし、全国レベルでこれを実現するのは、当社にとって困難でした 。Yextのおかげでこれを実現できました。Yextはそのプラットフォームを当社 が既に利用していたシステムに組み込んだのです。その結果、フランチャイズ 加盟店は、実際に社内ポータルからYext PagesやYext Facebookリスティング にアクセスできるのです!」

ERIK JENSEN、ブランド・エンゲージメント担当シニア・ディレクター、DENNY'S
Yext Knowledge Manager

公開しているブランド情報の唯一の情報源。 Yext Knowledge Manager はブランドに関するあらゆる公開情報 – 店舗マップ、営業時間、実施中のキャンペーン、メニュー、駐車場の入り口など、お客様が検索するであろうブランド情報を管理するハブとして機能します。業界最高レベルのクラウドソリューションとしてブランド情報をコントロールする環境をご提供し、お客様があなたのブランドと接する様々なオンライン上のつながりをリッチにするお手伝いします。

詳細
Yext Knowledge Engineを使うと、企業のオンライン上の情報がもっと正確でわかりやすくなるよう管理できる、その威力を実感してください。

デモを予約する