スマートフォンとは

スマートフォンとは

世界で26億人以上もの人がスマートフォンを利用しています。日常的に利用されているこのデバイスであなたのビジネスがどのように表示されているのかを見てみましょう!

世界中で26億人以上利用しているスマートフォンは、今や消費者が身近で最もよく利用するテクノロジーになっています。場所に関係なく誰とでも連絡でき、ユーザ自身が作成したコンテンツを表現できるといったスマートフォンの機能を考慮すれば、ユーザの87%いつも携帯していることは何ら不思議なことではありません。このポケットの中にある小さなコンピュータにより、ユーザは、通信や調べものにおいて固定電話やデスクトップ・パソコンから解放され、さらに従来のゲームプレイや写真撮影、ナビゲーションの枠から抜け出すことができました。

さらにその後、スマートフォンのモビリティーがもたらしたロケーション機能により、ユーザ・エクスペリエンスが引き上げられました。これほどまでにスマートフォンが普及する前は、ロケーション情報は二次元的であり、物理的な位置を示すだけのものでした。今日、ロケーション情報はコモディティ化され、そのコンテキストを幅広い消費者が理解できるようになりました。というのも、モバイル・デバイスによりどこからでも、いつでも、ロケーション情報を共有、閲覧できるからです。

位置情報サービスような機能(この機能によってモバイル・ベースおよびウェブ・ベースのアプリが、スマートフォン・デバイスに関する地理データを継続的に示すことが可能となります)によって、ユーザは自身のロケーションに基づいた道案内を受け取ることができ、また、ソーシャル・メディアでロケーションを共有でき、さらに、ジオタグやジオフィルタによってカスタマイズされたコンテンツを投稿できます。 ジオタグやジオフィルタのようなロケーションごとの要素が、Snapchatやインスタグラムなどのソーシャル・メディアのアプリ上でユーザ作成コンテンツに組み入れられていることは、ユーザが、ロケーションやそのロケーションを他社と共有することに、新しい価値を見い出しているということを示しています。

スマートフォンにより、人々の創作活動やコミュニケーション、情報共有に変革が起こっただけでなく、検索がロケーション重視の、即時性のあるものに様変わりしました。今や消費者は、家を出る前に目的地とその道順を調べておくのではなく、初めて行く店やレストラン、イベント会場を出先から見つけることができます。そして多くの人が実際にこれを実行しています。最近のGoogleの調査によると、「私の近く」を使った検索は昨年146%増加し、ローカル検索はモバイル検索全体と比較してその成長率が50%高くなっています。

米国内だけでも1億9850万人がスマートフォンを保有していますが、ユーザにとって、モバイルでのリサーチは柔軟なプランや選択を実現するための最も一般的な出発点となっています。移動中の消費者は、スマートフォンを使用し、探している商品を扱っている店を探したり、推奨やレビューを見たり、交通手段を問わずナビゲーションを利用したりすることができます。

iPhoneを利用している消費者であろうと、Androidを利用している消費者であろうと、両者にとってスマートフォンは頼もしいデバイスであり、またスマートフォンを利用して販売活動を行っている企業にとっても同様です。スマートフォンのおかげで、企業はモバイル・プラットフォームを通じ、消費者向け広告を出すことが容易になりました。消費者がスマートフォンでローカル検索を行う際に、その地域の企業は正確で充実した事業リスティングによって、新しい潜在顧客を獲得することができます。

企業がローカルSEO戦略を検討する場合やデジタル・ナレッジを管理する場合には、スマートフォンを意識の一番上に据えておくことが重要です。モバイル検索が優位にある今日、企業にとって正確で一貫性のあるデジタル・ナレッジを、アプリやマップ、オンライン・ディレクトリなどの消費者が検索を行う場所に用意しておくことが絶対に必要です。消費者があなたのビジネスを見つけられるようにし、また、消費者が検索したときに位置情報サービスが店舗を正しく指し示すように徹底しましょう。Yext Knowledge Manager用いれば、あなたのビジネスに関する事実情報をすべて確実に、正確で最新のものに維持することができます。