ロケーションの属性

Google ローカルのアトリビュート

ロケーションのアトリビュートを利用してGoogleマイビジネスのリスティングを強化Yextをプラットフォームを利用して、ロケーションの属性の機能を活用する方法を見てみましょう!

Googleが発表した新しいデータによれば、モバイル・デバイスでローカル検索を行った人の76%が、検索してから1日以内にその店舗を訪れ、さらにその内の28%が買い物をします。このデータはロケーションの力、そしてその力が消費者行動に与える影響を示しています。こうした傾向は大きな影響力を及ぼしており、Googleはデフォルト機能で、ロケーション結果を返すことを始め、さらにモバイル・エクスペリエンスにおけるロケーション・データを活用する新たな方法に投資しています。こうした投資を考慮すると、ロケーション・データをリアルタイムでコントロールすることが、かつてないほど重要になっていくと思われます。

2016年の5月、GoogleはGoogleマイビジネスAPIのバージョン3を発表し、さらなる資源をデータ管理の自動化のために投じています。お客様のようなビジネス・オーナーは、ロケーションの属性によって、Googleのリスティングに特色のある詳細情報を追加することができます。ロケーションの属性を活用することで、企業は専用のデータ・フィールドでロケーション情報の追加やアップデートが可能となり、結果、顧客によるローカル・サーチを容易にします。

Googleは、あなたのビジネスを、住所や営業時間といった情報だけでは定義できないことを理解しています。したがって、現在Googleは、事業主が、自身が提供したGoogleリスティングの具体的な詳細情報を把握できるようにしており、これによって顧客がより細やかな検索結果を得られるようになっています。ロケーションの属性を利用することにより、あなたのビジネスに関する最も重要な属性を、リスト化できます。これらの属性には、— 例えば車椅子の顧客が利用できる席があるかといったバリアフリー属性や、Wi-Fiが使用できるかといった情報が含まれます。カテゴリー特有の属性を活用し、例えば、レストラン・オーナーは、自身のレストランが予約受付を行っているか、あるいはグルテンを含まないメニューがあるか、などの情報を追加することができます。ホテルの場合は、犬と同伴できることを宣伝したり、また食料品店の場合は、自然食品をアピールしたりと、—さまざまリスティングを用いることが可能です。

GoogleマイビジネスAPIで、—いますぐこうした新しいキーワードを選択するだけでいいのです。しかし、リスティングを手動でアップデートしている状態では、Googleでは、これらの新しいキーワードが、Google検索、Googleマップ、Googleの広告サービス、Google+にすぐに表示されます。Googleマイビジネスのダッシュボード上でこの選択はできません。GoogleマイビジネスAPIでこれらの新しいキーワードを選択し、Googleプロパティにあなたのビジネスが表示された瞬間に、目立つようにしましょう。ロケーションの属性に関する詳しい内容は当社のブログでご覧になれます。