ローカル・ビジネス

ローカル・ビジネスとは

あなたはローカル・ビジネスのオーナーですか?ローカル・ビジネスの定義に関するよくある誤解とローカル・トラフィックの獲得方法を見てみましょう!

ローカルの消費者に商品・サービスを供給するビジネスは、ローカル・ビジネスとみなされます。しばしば「ブリック&モルタル」と呼ばれるローカル・ビジネスは、ローカルで所有される事業または法人であり、特定地域内で複数のロケーションを有しています。

オンライン・ショッピングの人気上昇にもかかわらず、売上全体の90%以上はこのブリック&モルタルから生まれています。eコマースチャネルを持たないローカル・ビジネスもありますが、フット・トラフィック増加させ、チェーン・ストアや大企業と伍していこうとするビジネスにとっては、ウェブ上のプレゼンスを保持することが不可欠です。デジタル・メディアやオンライン・リスティングにより、オンライン・ビジビリティへの道が開かれ、ローカル・ビジネスの流れが変わりました。

顧客の購買プロセスは、オンラインまたはモバイル検索で始まり、ローカル・ビジネスの店先で終わります。Googleが最近行った調査によれば、モバイル・ローカル検索をする人の76%が、検索してから1日以内にその店舗を訪れ、さらにその内の28%が買い物をします。高いデジタル・プレゼンスを伴えば、ローカル・ビジネスは自身のオンライン・ビジビリティを高めることができるだけでなく、物理的店舗に多くの顧客を呼び込むことができます。

ローカル・ビジネスのデジタル・プレゼンスを改善する最善の選択は、オンライン事業リスティングを表示させ、正確に維持し、強化することです。不正確で情報が古いリスティングは、検索結果ページでのローカル・ビジネスの見え方を著しく損ないます。また、不正確で情報が古いリスティングは、ユーザの検索エクスペリエンスも低下させ、ビジネスの評判を回復不能なレベルまで傷つける場合があります。例えば、顧客がアンブランデッド・サーチで、「ピザ 私の近く」と検索し、地域にあるピザ店に関する情報を見つけ、その店舗に足を運んだところ、オンライン情報によれば開いているはずの店が閉まっていた場合です。結果、この店舗は、誤りのあるビジネス情報と十分に管理されていない事実情報が原因で潜在顧客を失うのです。

オンライン・ビジネス・ディレクトリ数の増加ローカルSEO取り巻く環境の変化からローカル・ビジネスにとって、正確かつ一貫したオンライン・データを保持することが絶対に必要です。ロケーションが1ヵ所のローカル・ビジネスであろうと、あるいは100ヵ所あるローカル・ビジネスであろうと、業界をリードする製品であるYextKnowledge Managerは、 企業の地元における強みを最大化させる助けになります。

Yext Knowledge Engineを使ってブランドのデジタルナレッジを管理し、顧客とのエンゲージメントを体験してください。デモをリクエスト