Googleマイビジネス

Googleマイビジネス

あなたのビジネスは、この世界一強力なローカル検索エンジンに掲載されていますか?Yextは、あなたの事業リスティングが常に最新のもので、重複のないことを保証します!

あなたの企業が検索されたとき、電話番号は正しく表示されていますか?住所はどうでしょうか?世界屈指のこの検索エンジンは、米国の検索シェアの69%を占め、欧州のシェアは90%を超えています。Googleマイビジネスのリスティングを作成、更新し、消費者が検索したときに、あなたのビジネス情報が正確かつ一貫して表示されるように徹底しましょう

Googleマイビジネス(GMB)は、企業がGoogleでのオンライン・プレゼンスを管理する無料ツールです。正しい情報がGoogleの検索結果に表示されるようビジネス情報を登録、更新して、詳細を理解してもらう入り口となります。

GoogleがGoogleマイビジネスAPIを立ち上げてから、Yextのようなデータ・プロバイダがGoogleとつながり、Googleのサービスに情報を直接送り出すことができるようになりました。また、企業は位置情報をGoogle検索やGoogleマップ、Google Adwordsなどと連携することもできます。Google APIが出る前は、企業はマニュアルでGoogleリスティングを更新するか、スプレッドシートで大量のデータをアップロードするしかありませんでした。この方法は時間がかかり非効率だっただけでなく、提出された変更データと発行された変更データとの間のタイムラグが原因で、ロケーション・データの正確さが損なわれていました。YextとGoogleマイビジネスの連携業務により、企業は世界一の検索エンジン上のビジネス情報を、リアルタイムでアップデートすることが可能になったのです。

Googleマイビジネスでは、企業は名称、住所、電話番号といった従来のNAPデータに加え、写真やレビューを使って各拠点・店舗のアピールポイントを表示させることができます。また、企業はGoogleインサイトにより、何がうまく機能しているのか(または何がうまく機能していないのか)、つまり、ユーザがどのようにそのGoogleリスティングを見つけたのか、また、店舗の電話番号や店舗ウェブサイトのリンクを何度クリックしたのか、などのエンゲージメントを確認することができます。GoogleはGoogleマイビジネスAPIのバージョン3以降、企業はデータに対するさらに強力なコントロールを手に入れることができるようになりました。このアップデートの結果、企業は新たなロケーション属性(例えば、レストランでは予約受付サービスの有無など)を追加すること、レビューに対し直接返答すること、検索エンジンの検索結果ページに表示される写真を選択することなどが可能になりました。

Googleの最近の調査によると、モバイル検索全体の30%は店舗や拠点に関しての検索です。モバイル・デバイスを利用する現代の消費者は、行き先を見つけるのにGoogleを頼り、Googleの情報を最新で正確、しかもあらゆる点をカバーしていると期待しています。顧客があなたのビジネスをGoogleで探しているのですから、その情報は企業自身がコントロールする必要があると思いませんか?YextとGoogleマイビジネスが直接連携することで、オンライン情報を自社でコントロールすることができます。Googleローカル・ビジネスとして登録し、Yext Knowledge Managerを通じてロケーション・データを一度に更新し、Googleマップ、Google検索、Google AdwordsなどのGoogleの各種サービスと連携することができるのです。

Yextを活用することで、あなたのブランドのウェブサイトやアプリ、さらに—Apple MapsやBing、Facebook、Yahooを含む、Yext PowerListings™ Network—の100を超えるパブリッシャー上のビジネス情報を、常に一貫した最新の状態にすることができます。当社とGoogleとの連携によるサービスの詳しい内容はこちらのホワイトペーパーをご覧ください。