Googleマイビジネス

Googleマイビジネス

あなたのビジネスは、この世界一強力なローカル検索エンジンに掲載されていますか?Yextは、あなたの事業リスティングが常に最新のもので、重複のないことを保証します!

消費者があなたのビジネスを検索した時に、電話番号は正しく表示されますか?住所は正しく表示されますか?世界で抜きん出ているこの検索エンジンは、米国の検索シェアの69%を占め、また、欧州では90%を超えています。Googleマイビジネスのリスティングを作成、アップデートし、消費者が検索した際に、あなたのビジネス情報が正確かつ一貫して表示されるように徹底しましょう

Googleマイビジネス(GMB)は、企業がGoogleでのオンライン・プレゼンスを管理するための無料ツールです。ビジネス情報を確認、修正することで、顧客にビジネスを見つけてもらい、また、顧客にあなたのビジネスを知ってもらいます。

Googleは今年に入ってすぐ、GoogleマイビジネスAPIを立ち上げました。これによりYextのようなデータ・プロバイダはGoogleとつながり、Googleのサービスに情報を直接供給できるようになりました。また、企業は位置情報をGoogle検索やGoogleマップ、Googleの広告サービスに発行するための新しい方法を利用できます。GoogleによるAPIが出る前は、企業は手作業でGoogleリスティングをアップデートするか、スプレッドシートを用いて大量のデータをアップロードするしかありませんでした。こうした作業は時間がかかり、非効率だっただけでなく、提出された変更データと発行された変更データとの間のタイムラグが原因で、ロケーション・データの正確さが損なわれていました。YextとGoogleマイビジネスの連携業務により、今や企業は世界一の検索エンジンでのビジネス情報を、リアルタイムでアップデートすることが可能なのです。

Googleマイビジネスでは、企業は名称、住所、電話番号といった従来のNAPデータならびに写真やレビューを用いて各ロケーションの特徴を表示させることができます。また、企業はGoogleインサイトにより、何がうまく機能しているのか(あるいは何がうまく機能していないのか)、つまり、ユーザがどのようにそのGoogleリスティングを見つけたのか、また、店舗の電話番号や店舗ウェブサイトのリンクを何度クリックしたのか、というようなことを確認することができます。先ごろGoogleはGoogleマイビジネスAPIのバージョン3を発表し、これにより企業はデータに対するさらに強力なコントロールを手に入れることができます。このアップデートの結果、企業は新たなロケーション属性(例えば、レストランでは予約受付サービスの有無など)を追加すること、レビューに対し直接返答すること、検索エンジンの検索結果ページに表示される写真を選択することなどが可能になりました。

Googleの最近の調査によると、モバイル検索全体の30%はロケーションに関するものであり、このことは、モバイル・デバイスを利用する今日の消費者は、行き先を見つけるのにGoogleを頼りにしており、ここでの情報を最新で正確、さらに網羅的であると期待していることを示しています。顧客はあなたのビジネスをGoogleで探しているのですから、その顧客の目に触れる情報をコントロールすべきだとは思いませんか?Yextは、Googleマイビジネス—と直接連携することで、オンライン情報に対する完全なコントロールを提供します。Googleローカル・ビジネスとして登録し、Yext Knowledge Managerを介してロケーション・データを一度にアップデートし、—Googleマップ、Google検索、Googleの広告サービスなどのGoogleプロパティに発行できます

Yextを活用することで、あなたのブランドのウェブサイトやアプリ、さらに—Apple MapsやBing、Facebook、Yahooを含む、Yext PowerListings™ Network—の100を超えるパブリッシャー上のビジネス情報を、常に一貫した最新のものに確実に維持することができます。当社とGoogleとの連携によるサービスの詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。