ブリック&モルタル

ブリック&モルタル ビジネス

今日のオンライン世界で、ブリック&モルタルのビジネスを取り巻く環境には厳しいものがあります。Yextと一緒に、このオンライン世界の中で生き抜く方法を見つけましょう!

「ブリック&モルタル」とは物理的な店舗や建物のことを意味し、ディケンズの小説『リトル・ドリット』で使われた言葉です。その頃の建物はその大部分がモルタルを使って組まれた赤レンガによってできていました。「ブリック&モルタル」には、あらゆる規模の企業が含まれます。すなわち、地域にある中小の会社からグローバル・ブランドを持ち、各地域に店舗を有する大会社まで含まれます。

世界はデジタル時代に完全に移っていますが、消費者は依然としてブリック&モルタルを、購買プロセスの本質的な部分として重視しています。物理的な店舗は引き続き消費者が買い物をする際に選好する場であり、未だに小売売上全体の90%以上を占めています。実際のところ、オンラインでの事業リスティングストア・ロケータによって、ますます多くの顧客が店舗を訪れています。また、モバイル・デバイス上のロケーション情報サービス同様の結果をもたらしています。

ロケーション情報サービス実現によって消費者は自身のいる場所に基づいて店舗を探すことができます。事業リスティングやディレクトリで利用可能な、地域に関連したリッチ・コンテンツによって、消費者は店舗についての価値のある情報を、外出先で、または家に居ながらにして手に入れることができます。消費者は店舗のロケーションを把握できるだけでなく、それが営業中なのか、あるいは商品の在庫があるのか、サービスを提供してもらえるのか、また、使用可能なクレジットカードの具体的な種類はどれか、などを確認できます。中核の商品・サービス情報にロケーション情報サービスを組み入れるサイトやアプリ数が増加するにつれ、ブリック&モルタル事業に付随する利用可能なロケーション属性数も増加し続けます。

ブリック&モルタルの成功には、その店のショーウインドーの質が重要であることと同様に、オンラインでの事業リスティングの質がオーディエンスの数を左右します。なぜなら消費者は検索エンジンに表示される事業リスティングに基づき閲覧、行動するからです。間違った営業時間を入口のドアに掲げているブリック&モルタルなどはないでしょう。それなのにオンラインではなぜ間違った営業時間を掲げたままで放っておくのでしょうか?商品・サービスを検索する消費者にとって、情報が間違っていたり、不十分であったりするオンライン・リスティングは、興味を引かない、あてにならないものです。したがって、消費者に実際に足を使って来店してもらうためには、ブリック&モルタルが提供できる商品・サービスを反映したリスティングが確実に表示されるようにしなければなりません。

正確かつ最新のNAPデータ充実したコンテンツを含む事業リスティング有益であることの理由はいつくかあります。真っ先に言えるのが、そのリスティングを見た消費者が店舗に連絡し、来店するために必要な情報を得ることができるという理由です。第二に、正確でデータが豊富なリスティングは検索エンジンに有効で、バーティカル検索やカテゴリ検索のアンブランデッド・サーチ結果において高い位置を得ることができるからです。このことにより事業が潜在顧客の目に触れる機会を増やすことができます。

Googleの最近の調査データによるとモバイル・ローカル検索者の76%が、検索してから1日以内にブリック&モルタル店舗を訪れ、さらにその内の28%が買い物をします。このことから、消費者がどこでオンライン検索をする場合でも、店舗に関する情報を正確に維持することがますます重要であることがわかります。しかし、1件の物理的店舗の店先を維持するのに比べ、オンラインでの事業リスティングを適切に維持するには、もっと注意を払い、メンテナンスを強化する必要があるでしょう。そこでYextの出番です。 Yext Knowledge Manager により、ナレッジ・パワーを上げ、店頭を訪れる顧客数を増やします。そしてブリック&モルタル店舗に来店している時でも、また、店を出た後でも、顧客に優れたエクスペリエンスを提供します。