ブランデッド&アンブランデッド・サーチ

ブランデッド&アンブランデッド・サーチ

あなたの会社はブランデッド・サーチとアンブランデッド・サーチに関する戦略をお持ちですか?Googleなどの検索エンジンが、これら2種類の検索方法による検索用語をどのように処理しているのかを見てみましょう。

インターネット全体で500万テラバイトのデータが扱われていると見積もられています。そのデータ量は日々増加しているため、検索エンジンはユーザの検索エクスペリエンスにとってますます必要不可欠なものになるでしょう。消費者が買い物をする際、その89%が関連情報を検索エンジンで調べます。このことは消費者がオンライン情報に高い信頼を置いていることを示しています。この膨大なオンライン情報の中で目立つ存在になるには、上述した2種類の検索方法を理解することがきわめて重要です。なぜならば、ブランド名を使って検索する消費者とそうでない消費者には大きな違いがあるからです。

アンブランデッド・サーチとは、何かを検索する場合に具体的なブランド名や会社名を入力しない検索方法を言います。この検索では、検索キーワードに関連するサイトの一覧が表示されますが、それらのサイトが検索エンジンの検索結果ページに表示される順番は、その信頼度とコンテンツの質に基づいています。この種の検索の例は、「ピザ宅配」と入力する際に、「ドミノピザ」や「ピザハット」、「Papa John’s」といったピザ宅配業者の名称を入力しない場合です。

通常、検索キーワードに関連するブランドのページが表示されるため、企業は、バーティカル検索やカテゴリ検索において自社の情報が有効に表示されるよう、強力なローカルSEO戦略を策定しなければなりません。

企業のローカルSEO戦略の中枢にある構成要素は、オンライン表示される、すべての事業リスティングにわたって、正確なNAPデータや充実したコンテンツを表示することです。このことにより、ブランドとそのコンテンツの信頼性を向上させることができます。アンブランデッド・サーチにおける会社の見え方をモニタリングすることは、ローカルSEO戦略の有効性を分析するための一助となりますが、もっと重要なのは、このモニタリングによって、企業のサイトへの新しいビジターやユニーク・ビジターに関する洞察が得られることです。こうしたビジターはブランドを変化させる大きな可能性を示しています。なぜなら、検索をする前には知らなかった会社を、このアンブランデッド・サーチを行うことで新しく知ることになるからです。

一方、ブランデッド・サーチとはオンラインで、ブランド名やそのバリエーション、関連語を用いて特定の会社やプロバイダの具体的な商品やサービスを検索する方法を言います。例えば、「GEICO」あるいは「GEICO保険」と検索するのは双方ともブランデッド・サーチであり、GEICOというブランド名を含む検索結果のみを得られます。

アンブランデッド・サーチとは異なり、この検索ではバーティカル検索のように特定分野に絞り込まれた検索結果を返しません。以上のように、両者の検索方法には大きな違いがありますが、強力なローカルSEO戦略を維持することの重要性自体は変わりません。会社にとっては、そのブランドがキーワードとしてリスティングされた際に、会社のビジネスに関連する情報がすべて表示されることが理想です。ブランデッド・サーチで幸運にも表示された会社の場合、そのブランドに関連したリスティングは通常オーガニック検索流入の大半を占め、ほぼ例外なくそのブランド名は、ブランド・キーワードやそのバリエーションとして一番上位に表示されます。

ブランデッド・サーチを行う消費者は、既にブランドと接点のある人のグループを構成するだけでなく、パーチェス・ファネル(購買に至る意識遷移)内にこれからも留まるグループの一員です。したがって、会社のオンライン・リスティングが正確であり、消費者がブランド名を検索した際に、そのブランドに関連するリスティングのすべてが正確に表示されるようにすることがきわめて重要です。したがって、会社のオンライン・リスティングが正確であり、消費者がブランド名を検索した際に、そのブランドに関連するリスティングのすべてが正確に表示されるようにすることがきわめて重要です。

したがって、会社のオンライン・リスティングが正確であり、消費者がブランド名を検索した際に、そのブランドに関連するリスティングのすべてが正確に表示されるようにすることがきわめて重要です。