Yext Knowledge Manager

あなたのブランド情報を完全に

複数のデータシート、複数の部門、複数の間違い。身に覚えがありませんか?Yext はあなたのブランドに関する情報を一貫性を保ち管理するため、顧客に提供する情報に関して100%自信を持つことができます。Yextが組織内でどのように役立つかを確認するには、以下をお読みください。

デジタルナレッジの管理に特化

Yext Knowledge Managerでは、店舗、オフィス、支店、ATM、販売特約店、レストラン、またはサービスセンターを定義するすべてのデータを一元的に管理します。

Yextには、住所や電話番号から支払い方法、検索カテゴリ、休日の営業時間、製品やメニューのリスト、地域限定のサービスまで、50以上のフィールドがすぐ使用できるようにサポートされています。データは一括でも個別のレコードでも簡単に編集できます。

ジオコーディングを扱いやすく

GPSのルート案内で間違ったルートに案内された経験は誰でもあるでしょう。しかし、なぜこういった間違いが起こるのでしょうか? 多くの場合、緯度/経度など、ちょっとしたデータの間違いが原因です。残念ながら、こうした間違いは顧客が道に迷うまで見つからないことがあります。

厳格なデータクレンジングプロセスの一環として、Yextでは車のルート案内でも歩行のルート案内でも、マップ上の正しい位置にピンが表示されるようにPowerListings®ネットワーク内の上位3つのマップサービス(Google、Bing、Yahoo)で店舗の座標を確認しています。

煩わしいデータクレンジングは過去のもの

より多くのモバイルユーザーを呼び込み、ブランドに満足してもらうための第一歩は、ブランドに関するナレッジを正確に保つことです。Yextのお客様企業は導入してすぐに、厳格なデータクレンジングプロセスにより、店舗が2つしかなくても代理店が20,000軒あっても、データが一貫して正しい形式になっていることを実感できます。
Yextのワールドクラスの運営チームがデータを確認して、矛盾や不一致、未入力のフィールドがないようにしています。データを完璧なものにするためにさまざまな方法を使い、矛盾が見つかった場合には協力して解消するための最適な方法を見つけます。

さらにカスタムフィールドまで? もちろん!

ベストなデータ管理プラットフォームとは、無理に型にはめるのではなく、自分でルールを設定できるプラットフォームです。カスタムフィールドにより、既存のデータモデルを容易にYext Knowledge Managerに拡張できます。

Yextはブランド、営業状況、敷地面積など、データ管理戦略に最適のカスタムフィールドを定義できます。URL、写真、はい・いいえの回答欄など、12個の追加データ検証タイプを追加して、ブランドに関する情報をいつも使用している表現で管理できます。

Yext Knowledge Engineを使うと、企業のオンライン上の情報がもっと正確でわかりやすくなるよう管理できる、その威力を実感してください。

デモを予約する

Yext Knowledge Manager

公開しているブランド情報の唯一の情報源。 Yext Knowledge Manager はブランドに関するあらゆる公開情報 – 店舗マップ、営業時間、実施中のキャンペーン、メニュー、駐車場の入り口など、お客様が検索するであろうブランド情報を管理するハブとして機能します。業界最高レベルのクラウドソリューションとしてブランド情報をコントロールする環境をご提供し、お客様があなたのブランドと接する様々なオンライン上のつながりをリッチにするお手伝いします。

詳細