パートナー紹介

W2KコンサルティングはYextを使用して競争でトップを守り、顧客のビジネスに新規顧客を誘引

Q & A:

顧客はどんな問題を解決するために訪れるのでしょうか?

顧客は通常、間違った理由で訪れます!つまり、一つのことを求めていると考えていて、最初に別のものが必要であることに気づいていません。例えば、PRや販売構築において支援を求めることが多いのですが、そのどちらも企業のデジタル・プレゼンスの重荷になっていることを認識していません。

一流の360度のデジタル・プレゼンスを持ち、地図に載り、検索で正しく存在を示すことができるようになるまで、ほとんどの目的は達成できません。商業的目的を実現できるように、中小企業の講談をお手伝いいたします。

インテリジェント検索テクノロジーの進歩は御社や御社のお客様にとってどのような意味がありますか?

Yextを使用すると、中小の企業でも大企業のように市場活動を行うことができます。現在、そのような企業は自社のロケーション情報を管理し、検索で上位に上がり、データを取り込み、顧客の行動を理解し、結果に従って再調整できています。これはチーム全体で使われました。そしてどこでもアクセスできるプラットフォームになりました。

インテリジェントな検索とは、より多くの情報を前面に押し出すことであり、顧客のつなぎ合わせ作業ではありません。「最高評価の発見」は顧客のための目標であり、「そこにいる」だけでは不十分です。

Yextを選ぶ理由は何ですか?なぜYextなのでしょうか。Yextを利用するきっかけを振り返っていただきます。Yextを知るきっかけと、Yextとの連携を考えるに至ったビジネス上の問題を教えてください。

最初に、Yextが私のレストランの顧客のために、デジタル・ナレッジをコントロールしようとしていることを知りました。レストランPaola’sは移転したばかりでした。 場所は移動しましたが、デジタル・アイデンティティは共に移動していませんでした。インターネット全体に間違った所在地、間違った画像、間違った電話番号が表示されていて、情報を修正するリンクはありません。これらの場所を、すべての検索エンジンとレビューサイトで1つずつ直していくことは想像できませんでした。そして、良い方法が必要だと考えました。

私は探って、Yextを見つけました。これが答えのように感じました。価格からしても、試して失ったものはありませんでした。1週間弱で顧客の問題が解決されたのです!すべてのデータポイントがクリーンアップされて、プロの写真がスマートフォンの不完全な「食べ物」画像をしのぎました。

What Yext products do you use and what features have been most impactful to your customers?

Listing(リスティング)はすべての顧客にとって鍵となります。

レビュータブにはさまざまなユーザーレビューサイトのすべてのレビューがまとめられており、 サイトをひとつひとつ巡ってレビューを探ることなく、優れた顧客のインサイトを得ることができるもので、プラットフォーム内で対応する機能も提供します。

Analytics(アナリティクス)も、サービスの管理者である私にとっては大切なもので、ウィジェット/投稿機能により、超小規模の顧客は自社のウェブサイトを「最新」であると感じることができるのです。

私はいくつかの顧客にYextを使用していますが、顧客によってYextの最も役立つ側面が異なります。

  • これはレストランにとって、正確なデジタル・ナレッジを重ね合わせ、悪いデータや画像を抑制するということでした。 
  • これはアイスクリーム小売業の顧客にとって、ウェブウィジェットや特別な投稿を利用して時間を管理し、検索エンジンに良いデータや画像を流入させて検索で上位に上がり、「最高の発見」になることでした。 
  • これは複雑な名称の医療およびスキンケアの顧客にとって、このような名称の反復すべてが検索の対象となり、スキンケアのウェブサイトと医師の診療の両方に立ち返ることでした。そして同じように、検索エンジンに良い画像を流入させて、「最高の発見」になることでした。

Yextは御社のお客様の業績向上にどのように役立っていますか?

検索場所ならばどこでも、自分たちのデータと画像を見ることができます。検索で質の高い結果を見ることができます。悪いデータが問題となっていた場合、その消失を見ることができます。Googleマイビジネスが管理され、最適化されているのを見ることができます。

以前見つけられなかったものがわかります。存在さえ知らなかったサイト、ディレクトリ、アプリ。Yextを始める前にはなかった報道、新しい顧客、より高い売上も。

ダッシュボードのアナリティクスを通じて、隠れたチャンスを見つけましたか?

私はUsage By Device(デバイス別使用状況)がとても好きです。顧客がどういった種類のデバイスで、何曜日に、自分を検索しているかを把握できます。これは、電子メールマーケティングの管理方法について考えるのにも役立ちます。人々が自分の情報を「何で」見ているかがわかれば、送信メッセージをそのフォーマットに合わせることができます。

最終案が何かあるのですか?

Yextは、顧客がとても許容できないデータマネージャーを確保するようなものです。時間の節約ではなく、ただ仕事が別の方法で行われないということです。SEO向けの他のオプションは、はるかに高額であるため資金は事業のために蓄えておけます。

Yextダッシュボードがあれば、マーケティングとデジタル・ナレッジ管理が簡単になり、PowerListings®Networkが年中無休であるため、すべてが常時オンになるのです。仕事が遂行されるので、事業に集中できます。