Safelite AutoGlass

Safelite AutoGlassはYext Knowledge Engineを利用してモバイル・テクノロジーを通じてビジネスと経営を最適化

7,400 自動車ガラス店および施設
10-20% コンバージョンの増加
942,000+ インプレッションを検索

Safelite AutoGlass社は、1947年にカンザス州ウィチタで最初の店舗を開きました。いまでは米国最大の自動車ガラス専門企業に成長しました。今日、当社は自動車などのガラスの修理と交換サービスを提供しており、米国のどの会社よりも多くのフロントガラスを修理しています。

「当社は事業部門制を採用しています」とデジタル&カスタマー・イノベーション担当バイスプレジデントのブルース・ミラード氏は述べています。「当社の卸売部門であるService AutoGlass部門は、自社店舗および競合他社に対するガラス製品の輸入、流通、販売を担当しています。Safelite Solutions部門は、保険会社やフリート会社と提携してサービスを提供しています。もちろん、小売用ガラスの修理と交換部門があります。私たちはワゴン車でお客様の自宅やオフィスを訪問し、ガラスを修理しています。店舗もあります」「世界中の自動車ガラス事業を経営する英国に本社を置くBelron社が私たちの親会社です。地球上で最も自動車向けガラスを消費しているのは、トヨタとフォルクスワーゲンに次いで当社になります」

自動車業界にサービスを提供するSafelite社は、モバイル技術がどのように消費者の選択肢に影響を及ぼし、事業の運営をどれほど助けるかをしっかりと認識しています。「モバイルは当社の事業の鍵です。私たちのウェブサイトを訪れる人々の60%以上がモバイルデバイスからアクセスしています。さらに当社では、当社で開発したモバイルアプリを使ってエンジニアの巡回ルートの決定、タスクの割当、オーダーの管理、派遣を行っています。だから、どのエンジニアがどこにいて、誰が今空いているかすぐにわかるのです。」

Safelite社は、ビジネスを強化するための最先端技術を採用した歴史があります。ミラード氏が初めて入社した時、彼はすぐに同社のデジタル・ナレッジをウェブ上で整理しなければならないことがわかりました。「当社のデジタル・ナレッジは、社内的には十分でした。しかし、ディレクトリ・サービス上の当社のデジタル・ナレッジは—とても混乱した状態でした。当社には、実店舗が約730店、オンライン上の出張サービス拠点であるMobileGlassShopsが6,700店あります。閉店、開店、移転もあります。買収も常に行われ、—他社を買収して、当社名にブランドを変更しています。さまざまな検索エンジンやディレクトリを再構築されたブランド情報に適合させることは、非常に面倒な作業でした」

Safelite AutoGlass、Yext Knowledge Engineを使ってデジタル・ナレッジを管理

Safeliteは、Yext Listingsを使用してインタネット上の情報を管理します。Yext Knowledge Engineは、SafeliteのようなブランドがPowerListings®Network上の100以上にわたる地図、アプリケーション、検索エンジン、GPSシステム、そしてGoogle, Apple, Facebook, BingそしてYahooといったSNSの管理も実現しています。「私たちのポジションはYextにより非常に有利なものとなりました。当社のコンテンツが多くのサイトで表示されるようになったのがわかりました。Yext Knowledge Engineがなければ、これほどの認知度を得ることはできませんでした」

「導入の成果は明らかでした。Yextのおかげでコンバージョン率は10−20%増加しました。SafeliteはYextを導入して以来、全体のリスティング件数が48,898件に増加しており、当ブランドの拠点で942,000以上の検索インプレッションを獲得しています。また、Safeliteは、すべてのロケーション・ページにおいて、Facebookの「いいね」が81%、Facebookのチェックインが22%増加しました」

Yextを使い始めるのは 非常に簡単でした。「多くの企業が最初の登録は簡単でしかも重要だといいますが、それは間違いです。Yextを使って、当社は全くのゼロベースから約2週間で全拠点のリスティングを修正しました。こんなことはこれまではできませんでした。これこそが、Yextと競合であると主張する他社を差別化する大きな要因だと思います。その強力な技術力もさることながら、Yextのスタッフは素晴らしい人々でした。彼らが約束してくれたことは本当に実現しました」

今後のことを考えると、ミラード氏は、インタネット上の情報の管理があらゆる業界—のビジネスにとってますます不可欠であると考えていますが、サービス業界にとっては特に重要です。「お客様は当社を探しているのではなく、行き方を知りたいのです。ですから、Googleが示した場所に行こうとするわけです。さらに、私たちのビジネスモデルを見ればわかると思いますが、私たちのビジネスは、実際には自動車のガラスではなくホテルのビジネスに似ています。修理できるエンジニアは店舗で待っており、彼らの時間こそが私たちが販売しているサービスなのです。ですからもし、住所がGoogleになかったり、お客様が店舗を見つけられなかったりしてお店に来られなかったり、到着まで3時間もかかったり、いらいらしたお客様が他のお店にいってしまえば—、当社はその仕事を失っただけでなく、エンジニアが働かなかった時間にも時給を払わなければならないのです。基本的に、位置情報は基礎の基礎であり、 Yextによりその位置情報が影響することがビジネスを良好なものにしています」