rue21

rue21はYext Knowledge Engineを活用してお客様と地域の密接度を高めました。

1,100+ 店舗
105% リスティング数全体の増加
321000以上 事業の詳細の更新数

48州で1,100以上の店舗を持つrue21は、成長性の高い、米国で最大のファストファッション小売店です。当社は、ペンシルバニア州ピッツバーグのすぐ北に本社を置き、米国全域のショッピングモール、アウトレット、ショッピングセンターに販売店を持ちます。市場に直接的に接することにより、新たなトレンドや他の場所には存在しないマストアイテムのスタイルを生み出したりして、即座に対応します。

「私たちは、10代向けのファストファッションの小売店です」とデジタルマーケティング担当VPのジョエル・レイトンは説明します。「当社のターゲット顧客は基本的には14〜24歳です。ですから当社は、その年代にとって手頃な価格の商品を作っています。

当社はオンラインチャネル販売に注目しはじめました。「今、私たちはこれらのすべてのインターネット販売を新しい方法で立ち上げています」とLaytonは述べています。「有料の検索サイト、SNS、電子メール、ディスプレイなどに至るまで対応しています」しかし、レイトンはまた、ほとんどの売上高が依然として店舗での買い物客であることにも留意しています。「その点については真摯に対応していきます」と彼は発言しています。「今日では、多くの情報がインターネット上で公開されていますが、実際の売上の80%は、依然として店舗での販売です。この数字は私の一生のうちにはなくなることはないでしょう。その意味では店舗の存在感の重要性は今後も続いていきます。」

オンラインでのエンゲージメントをオフラインでの実際の客足に変えるため、LaytonはYext Knowledge Engineを利用する契約を交わしました。「物理的な面積から、私たちにはYextがぴったりでした」と彼は説明します。

rue21は、Yextの Knowledge Engineを利用してオンラインでお客様に情報を提供することを強化しました。

rue21はYext ListingsPagesを利用してブランドに関する公開情報を管理しています。Yext Knowledge Engineを利用することで、rue21などのブランドは、ウェブサイト、モバイル・アプリ、社内システム、さらに100以上の地図、アプリ、検索エンジン、GPSシステム、およびGoogle、Apple、Facebook、Bing、Yahooなどのソーシャル・ネットワークで構成されるPowerListings® Network全域にわたって、人、場所、製品に関するデジタル・ナレッジを管理できます。

Yexを採用した初年度で、rue21は全体のListingsのプレゼンスを105%増加させました。7万以上の住所と121,000以上の電話番号が修正され、7,000以上の写真が追加され、321,000件以上のビジネス情報がが更新されました。

「ストアとお客様のコミュニケーションの場としてストアのページを立ち上げたのは非常に有益でした」とLaytonは話します。「データ収集の観点から言って、当社をまだご存知でない方々とお話しできるプラットフォームがあるのはとても便利です。Yext Knowledge Engineを利用すると、店舗の営業時間、セール、イベント・カレンダーを簡単にお客様に伝えられます。これはとても重要なことでした。」

Laytonは、オンラインチャネルとの物理的な店舗の統合が小売業にとって重要であると考えています。「既存の世界から脱皮していくる小売業者は、店舗の情報をインターネット情報にどう結び付ければいいかを知っている小売業者です。すべての販売チャネルの統合です。私たち、rue21ではまさにそれに取り組み始めました。そして、Yextの技術がそれを可能にしています」