Meineke

Meinekeはフランチャイズ加盟店がもっと簡単に、よりパーソナルなお客様対応を提供できるよう、Yext Knowledge Engineを活用

Meineke カーケアセンター
Driven Brands お客様

Yext Knowledge Engineは、スケーラブルなデジタル・ナレッジ管理を実現するだけでなく、ソーシャルメディアの管理やオンラインレビューのレポーティングなど、二次的な恩恵も与えてくれます。

マット・ラブダ デジタルマーケティング・ディレクター Driven Brands
900 リペアショップ
64% リスティング数の増加
407,000 事業の詳細の更新増加

Meinekeが創業以来成長してきたと言うのは、控えめな表現です。このブランドは1972年に単一の製品(マフラー)そして単一の店舗で始まり、900以上の各地域で個別に経営される自動車修理工場になりグローバルネットワークを構築しています。競合他社との差別化を図ると同時に、急速に拡大するために、同社は顧客体験に注目しました。「Meinekeのビジネスは、便利な場所で、完全かつ一貫性のあるサービスを提供できるようにすることに重点を置いています。そして、顧客が私たちの場所を容易に見つけてご利用いただくことを極めて容易にします」と言うのは、ブランド推進デジタルマーケティング担当ディレクター、マット・ラブダ。Meinekeブランドの担当です。

ローカル検索は、会社が顧客に提供しようとする利便性をさらに広げる方向性として自然な流れです。ラブダは、「モバイルは私たちのビジネスにとってますます重要になっています」と述べています。これが、消費者がモバイルデバイスを通じて、簡単に私たちを見つけることを可能にする新しいテクノロジーへの投資を開始した理由です。たとえば、最近、Meinekeモバイルアプリを再開しました。現在、Meineke.comへのアクセスのほとんどはモバイル経由です。アプリの再設計においては、ユーザーにできるだけモバイル経由で多くの便利なエンゲージメントの接点を提供するようにしました。

MeinekeはYextを使用してローカル検索を改善

Googleによると、ローカル検索はモバイル検索全体よりも50%高速化しており、Meinekeでは、オンライン上のデジタル・ナレッジを正確で一貫したものにする必要性があります。同社はYextを適切なソリューションとして採用しました。

「以前に比べるとよりローカル性を重視しています」と言うラブダ。「特にデジタル情報の観点から、私たちはお客様が本当に便利で個別対応を受けるような体験を得られることを確実にしたいと思っています。それが、お客様が私たちに感じる価値であり、リピート客になっていただけるのです。Yextは私たちのやりたいことに対して、重要な役割を果たしています。」

Meinekeは、Yext  Listingsを利用して、ブランドに関するインターネット上の情報を管理しています。 Yext Knowledge Engineは、Meinekeのようなブランドが、、Webサイト、モバイルアプリ、社内システム、そしてPowerListings®Network上にある100以上の地図、アプリ、検索エンジン、GPSシステム、 Google、Apple、Facebook、Bing、Yahooなどの人々、場所、製品に関するデジタル・ナレッジを管理しています。

「Yextは、私がMeinekeに着任した時に受け継いだものでした」とラブダは言っています。「しかし、私がそれを知ったのは参加する前のことでした。クリーブランドのマーケティング代理店での前職でYextを利用していました。私たちはYextと契約があり、リストを整理して維持管理する業務を一緒にやっていることを知って、私はうれしく思いました。」

Yext Listingsを立ち上げてから1年間で、Meinekeのオンラインでの検索数は指数的に上昇しました。45,000以上のライブ・リスティングを持つ同社は、リスティング全体のプレゼンスを64%向上させました。38,000以上の住所と34,000以上の電話番号が修正され、ラブダはさらに446,000枚以上の写真を追加し、407,000件以上の企業概要を更新しました。17,000件のリスティングを作成し、以前はなかったMeinekeの住所のインプレッション数を23%増加させました。

Meinekeはお客様と地域のフランチャイズ店との間でのパーソナライズされた関係を構築

Meinekeの主要なユーザーは主に企業レベルでYextを使用して、フランチャイズ店経営者のオペレーションの負荷を軽減しています。Meinekeの顧客は、店舗検索時に店舗を簡単に見つけることができるように、リスティング・チャンネル全体を通して、クリーンで一貫性のあるリアルタイムデータを提供しています。Yextは、すべての店舗のMeinekeローカルFacebookページを作成して管理し、重複したページをマージし、一方を削除し、各店舗のページを本社のページにリンクしてナレッジグラフでの検索を容易にしています。店舗固有のデータを各店舗ページに同期して、投稿、コメント、「いいね」、「Were Here」チェックイン、コメントなどの店舗ページの活動を追跡しながら、ユーザー生成コンテンツの制限設定を行います。

YextはMeinekeの評価とレビューを場所ごとに監視していますが、Meinekeはフランチャイズ加盟店に自分のレビューを処理するオプションを与えています。「フランチャイズ加盟店がYextと直接関わる能力は、レビュー通知によるものです」と説明するラブダ。「フランチャイズ加盟店には、ロケーションページのレビューが正と負の両方に残っているときに通知を受けたい場合は、Yextを通してその設定を行う機能があるといつも説明しています。」

今後、ラブダは顧客と地元のお店との接点をよりパーソナライズしようとしています。「以前は全国レベルの視点で考えていました」と語るラブダ。「事業としては、ローカライズの方がはるかに重要です。プロモーションやテレビの購入方法など、お客様や潜在顧客にどのようにアプローチするか、アプローチ方法を細分化しています。消費者にとってシンプルであることを保ちながら、当社のビジネスには、フランチャイズ店のロケーションごとにそれぞれのフットプリントがあることを理解してもらいたいと思っています。Yextは初期段階においてこれを達成するために重要なステップでした。」