ANY LAB TEST NOW

ANY LAB TEST NOW®はYextと共にDigital Knowledgeを原動力として、一人一人が自分の健康を管理

Yext Knowledge Engineは、極めて複雑で常に移り変わるデジタルの環境の中で唯一不変の存在です。Yextはベンチマークです。もしあなたがビジネスを始めるとして、単位が1だろうと1,000だろうと、あなたがデジタルでまず取り組むべきものがYextです。Yextは最高峰だからです。それに尽きます。

マーケティングVP、ティナ・ハプナー
15万回以上 公開された更新
21% Facebookの「いいね」の増加
600万 Facebookのインプレッション

ANY LAB TEST NOW®は、最初のダイレクトアクセス実験室試験企業であり、160以上もの店舗を持ち、米国全域で成長しています。これが意味するのは、1992年以降、ANY LAB TEST NOWが臨床実験室試験、DNAテスト、ドラッグ、アルコールおよびその他の毒性試験サービスへのダイレクトアクセスを提供することで、消費者や企業は自身の健康を管理するのが簡単になったということです。この会社の安価な前払い価格は、健康全体をサポートし続けるソリューションを提供します。

「当社の競争力のあるメリットは、消費者に当社が提供するサービスに医師の指示書が含まれていることです。これにより、8,000種類の検査が受診しやすくなります」と説明するのは、マーケティングVPのティナ・ハプナー。「当社は治療に関わりませんが、自分の健康を管理したい人や『本当の血液型を知りたい』『コレステロール値がどうなっているかを確認したい』人向けの選択肢の1つになっています。何よりも、当社の価格が他社を寄せつけず、透明性が高いことです。当社を選択しなかった場合、消費者は、医師の診察を受け、自己負担金を支払い、採血をしてもらって、そのうえに研究所からも請求書をもらうことになります。当社は違います。払った額が全額です。前金で支払えば、支払いは完了です」

ハプナーのマーケティング戦略に必要不可欠なのがモバイルです。「当社を見つけ出す人たちの60%がモバイル検索を使用しています」とハプナーは言います。「通常、彼らがアクションを取る理由がそれです。—道を尋ねたり、またはクリック呼び出しを使用したりして—デスクトップPCを使う人より多いです。このように、モバイルは当社のブランドにとって非常に重要なのです」

ハプナーは、ANY LAB TEST NOWに加わった時、この会社がより迅速により信頼度の高い方法でデジタルナレッジを更新および維持する必要があることを理解できました。「前の会社ではYextを使用していました。私がこの会社に入ったとき、デジタル空間にあらゆるものを詰め込む取り組みに関してCEOに直談判に行きました。CEOの承認を得てYextに接触すると、私は率先して話しを進めました。」

ANY LAB TEST NOWでは、 Yext のKnowledge Engineを使用してフランチャイズ加盟店にデジタルナレッジの管理を任せました。

ANY LAB TEST  NOWは1Yext Listings1を使用して、そのブランドに関する情報を管理します。Yext Knowledge Engineは、ANY LAB TEST NOWのようなブランドが100以上の地図、アプリ、検索エンジン、GPSシステム、SNSなどのWebサイト、モバイルアプリケーション、社内システム、PowerListings®ネットワーク全体の人々、場所、製品に関するデジタル知識を管理できるようにします。それには Google、Apple、Facebook、Bing、Yahooが含まれます。

ハプナーのリーダーシップのおかげで、Yext Knowledge Engine は、ANY LAB TEST NOWのフランチャイズ加盟店ごとのインフラの一部になりました。「Yextを実装したとき、Yextが必要なことを明確に伝えました」とハプナーは言います。「すべてのフランチャイズ加盟店は、自らのためにYextを使用して受け入れる必要がありました。Yextが持つすべての情報をリアルタイムで正確にする力は、ローカルレベルでフランチャイズ加盟店に役立つだけでなく、SEOとのブランド全体、ソーシャルメディアマネージメント、デジタル世界の一貫性にも役立ちます」

「フランチャイズ加盟店には、検索されるためにオンライン化する必要がありました」とハプナー。「Yext Knowledge Engineはデジタル・プレゼンス戦略の中核を担っています」Yextを導入後の6ヶ月間に、ANY LAB TEST NOWは全体的なリスティングのプレゼンスを10,000以上に増加させ、Listingsのエコシステム全体で150,000以上もの更新を公開しました。同サービスではFacebookの『いいね』も21%増加し、1年半の間に600万ものインプレッション数をFacebook内で獲得しました。

将来的にみると、ハプナーは顧客がどちらかと言えばビジネス寄りのことを期待し続けるだろうと考えています。「私にとって、位置の力は、店舗にビジネスがあることとビジネスがないことの違いを意味します。つまり、どこでも正しい情報が手に入るということです。というのも、情報が正しくなかった場合、顧客は次のチャンスを与えてはくれないからです。デジタルの勢力図は極めて複雑であり、あらゆるものが常に変化しています。不変のものは何だと思いますか?それがYext Knowledge Engineなのです」と結論づけるハプナー。「Yextはベンチマークです。もしあなたがビジネスを始めるとして、単位が1だろうと1,000だろうと、あなたがデジタルでまず取り組むべきものがYextです。Yextは最高峰だからです。それに尽きます。」