KeyBank

KeyBankはYext Knowledge Engineでデジタル・プレゼンスをコントロールし、ローカル・エンゲージメントを強化

KeyBank
KeyBank お客様

チームと顔を合わせた瞬間に、Yextが素晴らしいテクノロジー以外にも大きな価値をもたらしてくれるとわかりました。最初からYextは戦略的パートナーであり、ビジョンを持っていることを実感しました。したがって、発展するエコシステムの中心となるプラットフォームをYextが私たちに提供してくれていることは驚くべきことではありません。

Laura Cameron、デジタル・マーケティング担当VP
2,300 支店とATM
38% 検索インプレッション数の増加
108,000 事業の詳細の更新増加

1825年に設立されたKeyBankは、米国全域の12州で、約1,000の支店と約1,300のATMSのネットワークを提供しています。「個人、投資家、企業が成功するためにだけでなく、成功するために、自信を持って財務上の決定を下すことを支援します」と言うのは、デジタルマーケティングVPのローラ・キャメロン。「我々は誰もが大きな夢を見るために自信と安らぎを得る資格があると信じています。KeyBankは米国で最も優れた地域銀行になりたいと考えており、引き続き顧客に注力することでこれを実現します。」

また、キャメロンと彼女のチームは、オンラインでもオフラインでも有意義な顧客関係を保つために不可欠なクライアント中心のアプローチにおいて、インターネット上での存在感および検索性の向上を不可欠な要素だと理解しています。「スマートデバイスは、我々にとって非常に重要です。そして一般的に銀行業界にとって不可欠ですな要素です」とキャメロン。「KeyBankでは、KeyBank顧客に対してスマートデバイス、SNSを通じての体験をより価値のあるものにする努力をしています。」

オンラインでの不整合性

経験豊富なデジタル・マーケティング担当者として、当時シニア・バイス・プレジデント兼デジタル・マーケティング担当責任者だったSteve Ramirezは、顧客のオンライン体験を向上させるための第一歩は、KeyBankの自社サイトおよびアプリ、さらにサードパーティを含むすべての検索サイトで、すべてのロケーションに関する完全性が高く正確なデジタル・ナレッジを提供することだと気づきました。ただし、Ramirezの動機には、妻から指摘されたフィードバックによるところもありました。KeyBankの顧客でもある妻は、ある支店の正しい住所と電話番号を見つけるのに苦労したのです。Ramirezは、妻が問い合わせたときには出張中だったため、自宅に戻ったときに直接その話を聞かされることになりました。「家に帰ると妻に『あなたたちはこれでいいの?何を考えて仕事をしているの? 何も考えずに仕事をしているの?』と言われました。そこで私は『ありがとう。それが問題だったとは気づかなかったよ!』と話したのです。」

その会話の後、ラミレスはオンラインで状況を確認し、彼のチームに問題のある支店のリストを徹底的に調査させました。「複数の検索エンジンで検索し、1つのブランチの状況の問題の大きさを認識しました」と振り返るラミレス。彼と彼のチームは、予想以上に複雑で分断されたデジタル・ナレッジのエコシステムの状況に驚きました。「私は、自社サイト、そして他の検索サイトに実際に表示されているこれらのリストをどうやって正しくクリーンアップし、精度を高める方法を探す必要を感じました。どうするのが最善であるかが問題になりました。」

Yext Knowledge EngineはKeyBankに役立つ独自のソリューションを提供

Ramirezは、その1か月後にマイアミで行われたNetFinanceカンファレンスで、その答えをYextのプレゼンテーション中に見つけました。「ああ、これだ!と私は思いました」とRamirezは話します。「私はプレゼンテーションの後、Yextチームと話をしました。営業担当者は、ほかの企業が当時利用していたListingsとPagesをはじめとした、Yextのフル製品スイートをどのように使っていたか実例を示してくれました。私は、ListingsとPagesを一緒に利用することを決めました。なにしろ、それは私が以前から思い描いていたものでした。つまり、支店ごとに一意のページを作成することです。Ramirezはこう言います。「Yextを見つけるまで、このようなソリューションを持っている会社を知りませんでした。そのプラットフォームはまさに私たちが必要としていた、私たちの要求に完全にマッチするものでした。」

KeyBankはYext ListingsPagesを利用してブランドに関する公開情報を管理しています。Yext Knowledge Engineを利用することで、KeyBankなどのブランドは、ウェブサイト、モバイル・アプリ、社内システム、さらに100以上の地図、アプリ、検索エンジン、GPSシステム、およびGoogle、Apple、Facebook、Bing、Yahooなどのソーシャル・ネットワークで構成されるPowerListings® Network全域で、人、場所、製品に関するデジタル・ナレッジを管理できます。

KeyBankはYext Listingsに966の支店を登録しました、その4ヶ月後には966支店と190の単独ATMをPagesに登録しました。Yextにより、KeyBankが支店等の住所情報をクリーンアップし、数千のリスティングでデジタルコンテンツを強化することができました。リストの総数は31,310件から57,108件に増加し、Yextは40,000件以上の名前、55,000件の住所、98,000件の電話番号、ウェブサイト上でのKeyBankの95,000件の情報を修正しました。さらに、108,000件のビジネス情報と58,000枚の写真が追加されました。

デジタル・ナレッジ改善の効果を数字が裏付け

その結果、KeyBankの改善されたデジタル・プレゼンスの提供はお客様との関係を大幅に改善しました。「私たちが注目しているKPIは、アプリケーションの開始、予約の設定、SEOです。YextのAnalyticsは、YextがSEOの向上と検索性の向上に重大な影響を与えていることを明確に示しています」とキャメロンは確信しています。導入後わずか1年間で、KeyBankのデジタル・プレゼンスの強化策は、検索インプレッションで38%、プロフィールビューで12%増加しました。

「数字の改善だけではなく、Yextを使ったリスティングの視覚面での体験の変化は非常に強力でした」と賞賛するキャメロン。「現在のYext導入前に個々のページの画面を見ると、違いは信じられないほどです」

チームが拡大するにつれて、Cameronの目標は、見込み顧客や顧客との関りをさらに強めるために、オンラインとモバイルの両方でのプレゼンスを通じてKeyBankのビジネスに関するあらゆる情報を効果的に伝えることになっていきました。「Yextは、PCとモバイル向けの応答性の良いページの作成から、戦略的なソーシャル・メディア・マーケティング・キャンペーンの計画、KeyBankのセールスポイントのアピールまで、あらゆる面で役に立ちます。オンラインではYextの支援で作成した素晴らしいページを利用して支店を検索できますし、基本的にモバイルでもPCでもシームレスな体験を楽しむことができます」とCameronは説明します。

「YextはKeyBankのパートナとして、プラットフォームと人材の両面で完全にマッチしています。Yextは当初から非常に対応が良く、『何を解決しようとしているのか?』について詳細まで話し合うオープンな雰囲気がありました」と語るラミレス。「私たちが提供する体験はそのときから良くなる一方でした。うれしい限りです」と付け加えるキャメロン。

この喜びは、素晴らしい顧客サービスだけでなく、デジタル・ナレッジ管理に対するYextの先見的なアプローチのおかげでもあります。「長期的なパートナーを探すにあたって私の選考基準は非常に厳しくなります。数年前にYextチームと出会って以来、私は支店のロケーションのリスティングを支える素晴らしい技術だけでなく、同社が取り組んできたことに大きな価値があることを感じました」とRamirezは振り返ります。Cameronはこう結論付けます。「最初からYextは戦略的パートナーであり、ビジョンを持っていることを実感しました。そのため、発展するエコシステムの中心となるプラットフォームをYextが提供してくれているのは驚くべきことではありません。」