Huddle House

Huddle Houseは、Yext Knowledge Engineを使ってレストランをオンラインの注目の的に

「Huddle Houseのような企業にとっては、モバイルはそれほど重要ではないと長年信じられています。多くのお客様が小さな農村の町に住んでいて、レストランがそこにあることを知っているからです。しかし、顧客または潜在顧客の5%がオンラインで検索して来店すれば、売上が5%増加する可能性があります。私たちが対応していなかったら—今どうなっているかはわかりません。これは過去に挑戦しなかった可能性であり、とてもシンプルなものなのです。Yextは新たな可能性を私たちに提供してくれたのです。

アリソン・グレン・デラニー CMO
5,300 1週間あたりの道案内リクエスト数
10,700 1週間あたりの通話のクリック数
53% ローカルページのインプレッション数は、最初の4カ月で増加しました。

Huddle Houseは、金曜日の夜のフットボールの試合後に素晴らしい食べ物を食べたり楽しい時間を過ごしたりする—寄り集まる—場所として1964年にジョージア州ディケーターに設立されました。創業者のジョン・スパークスは、暖かくフレンドリーな環境の中で質の高い料理を提供するというレストランの重要な価値を確立しました。これらの価値はそのまま残っていますが、同社は時代とともに進化を続けています。メニューには素晴らしい朝食の品揃えだけでなく、ランチとディナーのお料理も含まれています。これらはすべて、みんなが好きなメニュとして「ハウス」クラシックとなっています。南部に根ざした同社は現在、オープンまたは開発中の400以上の拠点を持つ21の州でフランチャイズされており、その多くは24時間営業をしています。

「私たちの使命は、おいしい食事によって友人や家族を同じテーブルにつかせて、おもてなしをサービスすることです」とAlison Glenn Delaney、最高マーケティングオフィサーは述べています。「Huddle Houseには近所としての雰囲気があります。私たちのオーナーとそのチームメンバーは、お客様と密接な関係を築いています。多くの町では、Huddle Houseは本当に集会場であり、友人や家族が集まる場所なのです。

レストランのサービス哲学は、顧客が何度も長年にわたって戻って来るように個人的な対応です。「Huddle Houseの経験について顧客と話すたびに、彼らが言う最初の印象は常に給仕係と関係があります」とGlenn Delaneyは説明します。「私たちのレストランの多くはコミュニティの基礎であり、時には同じ家族の2世代にわたる給仕係がそこで働いています。彼らは常連の顧客を知っています。当店には週に3〜4回、あるいは毎日多くの人がやってきます。給仕係はその人達を知るようになります。彼らは、顧客にすぐに子供や孫について質問するようになります。ここには顧客と給仕係の間に独自の関係が構築されているのです」

口コミと伝統はHuddle Houseのブランド名を強くしていますが、会社は成長する新しい機会を模索しています。Glenn Delaneyは次のように述べています。「私たちの到達できる範囲を拡大し、過去には私たちを見つけられなかった人々を引き付けることは、私たちの戦略の核心です。「なんでもスマホで調べるモバイル・ファーストの時代でも、すべてのゲストがスマートフォンを使用しているわけではありません。しかし多くの人がFacebook、Google検索、Apple Mapsなどのアプリケーションを使用しています。彼らはGPSデバイスとしてスマホを使用して、レストランの場所を見つけるようになります。だからこそ、私たちはマーケティングにモバイルファースト戦略を組み込むようにすばやく取り組んでいるのです。

Glenn Delaneyは、影響力のあるデジタル情報管理が企業にとってどれほど重要なのかを理解しています。 「Huddle Houseのような企業にとっては、モバイルはそれほど重要ではないと長年信じられています。多くのお客様が小さな農村の町に住んでいて、レストランがそこにあることを知っているからです。しかし、顧客または潜在顧客の5%がオンラインで検索して来店すれば、売上が5%増加する可能性があります。私たちが対応していなかったら—今どうなっているかはわかりません。これは過去に挑戦しなかった可能性であり、とてもシンプルなものなのです。

Huddle House、Yext Knowledge Engineを立ち上げ、その到達範囲を拡大

Glenn Delaneyが同社に入社したとき、ローカルリスティング店舗のリストを整理して一貫性を持たせる必要があることは明らかでした。「あなたはHuddle House Systemのレストランを訪れているときに、都市から都市へは飛行機にのって移動するようなことはありません。—当社の店舗は主要都市の空港の近くにないので、車でドライブしてきていただく必要があります。ほとんどが小さな町や都市にあるのです」と彼女は説明する。「長距離ドライブの人々にもサービスを提供しているので、通り過ぎる人々が私たちを簡単に見つけることが非常に重要です。私が最初にHuddle Houseに加わり、Huddle House Systemを勉強していたとき、旅行時には、Google Mapsで私の電話を使い検索していたのですが、そのとき検索結果がよく間違えていたのです。すでに閉店していたり、場所が正確でなかったり、複数のアドレスが表示されたりしたのです。当初、私たちはマニュアルで修正しようとしました。私のフィールドマーケティング・ディレクターの一人は、誤った情報を見つけたときに、GoogleMy Businessに登録し、加盟店の最新情報や修正を処理していました。しかし当社に複数の場所を管理するためのパワーがないことは明らかでした。そこで専門家と協力する必要があったのです」

Huddle HouseはYext ListingsPagesを利用してブランドに関する公開情報を管理しています。Yext Knowledge Engineを利用することで、Huddle Houseなどのブランドは、ウェブサイト、モバイル・アプリ、社内システム、さらに100以上の地図、アプリ、検索エンジン、GPSシステム、およびGoogle、Apple、Facebook、Bing、Yahooなどのソーシャル・ネットワークで構成されるPowerListings® Network全域で、人、場所、製品に関するデジタル・ナレッジを管理できます。

Glenn Delaneyは、CEOがリーダーシップのカンファレンスに参加し、Yextを知る人から紹介されて初めてYextをしりました。「Yextが来社し、私たちにプラットフォームを見せてくれたときに思ったんです。「ああ、これは素晴らしい!」だって、お客様を連れてきてくれるしくみがやっとみつかった、と思ったのですから」

ソリューションを評価する際にGlenn Delaneyが直面した1つの課題は、すべてのソフト的ー間接的な基準がなかった、ということです。「デジタルパートナーに間接的な測定基準の使用をやめさせ、直接的な測定基準の使用を開始させることは困難でした。「私は、パートナーに、お客様に来店してもらうためのツールとしての使い方を教えてほしい。そうすればそれこそがまさに計測できることにつながるからです。Yextによって、施策が販売に直接どのように影響を与えるかを知ることができるようになりました。

Huddle Houseは実際、そのYext Listingsから週に5,300件の道案内リクエストを確認し、GoogleのそのListingsから10,700件の「クリックによる通話」を確認しています。

Glenn Delaneyは彼女がYextを選んだことはよかったと思っています。「私たちは自分たちでリスティングを整理することはできませんでした。—レストラン数が多すぎるのです。Yextを通して、私たちはすべてのプラットフォームを効率的かつ効果的に管理し、Googleのフランチャイズ店のために地域の店舗のFacebookページを管理することもできます。Yextで各店舗のローカルページを作成できたことも大きな貢献でした。」 Huddle HouseのYextページのインプレッション数は、最初の4カ月で53%増加しました。

Delaneyは、Huddle Houseがデジタル情報を利用して物理的な場所の特定を支援する他の方法を想定しています。「世界はすでに「モバイル・ファースト」です。スマートフォンは今や人々の付属品であり、人々はそれがなければ生きていけません。Huddle Houseは、お客様が検索しようとするすべてをYextを利用して提供しようとしています。—将来的にはオンラインでの注文、ギフトカード、先払い、ポイントなどもこのツールで実現するかもしれません。 今日では、最高の場所で最高の朝食を見つけるのに、電話で検索することは簡単にできるのです。