BAYADA ホームヘルスケア

 BAYADA ホームケアの、ホームヘルスケアの革新的なローカルエンゲージメントのパートナーとしてyextがいます。

BAYADA ホームヘルスケア
BAYADAの顧客

"SEO会社を利用した経験から考えると、Yextのチームはこの業界におけるハイレベルの知識から非常の詳細な検索エンジンのアルゴリズムの更新までを理解しています。”Yextの社員は常に新しいことを開発したり新しいことを行う機会について積極的に議論します。まさに私たちの真のパートナのです。私たちの社員でこのような基本的なことで信頼できる人がいることは非常にありがたいことであり、私たちのチームの延長にいるのです。

リチャード オルティズ、シニアアソシエイト - ビジネス アナリティクス
275 拠点
22
281% 経路検索のクリック数増

1975年以来、BAYADAは自宅介護の動きの中で最前線の会社として、22の州で数千人への自宅介護を提供してきました。Senior Associate, BusinessのRichard Ortizは、私たちの介護は、小児科的な技術が要求されるもの、気管切開術が必要なものそして、日課的に必要なケアを提供する看護士、大人の為の個人的な関係、そして最終的なホスピスでの看護計画や介護と多岐にわたります。介護はフルタイムや、入院先から家への移転時期や基本的に一時的なものもあります。愛しているお年寄りを心配し、日常生活で必要な時にだれかが手助けをすることに多くの人は関心があります”と述べています。

BAYADAのビジネスモデルは、非常に長いマーケティングのアプローチを必要としています。Ortizは”在宅看護サービスの必要性を強調することです、そして同時に介護士を積極的に採用することです。それはこの業界ではいろいろなレベルでスキルと経験がある人が非常に不足しているからです”と述べています。BAYADAの半数以上のお客様および新人採用紹介はインタネットによるもので、それにはSNSにおける基本的な検索によります。OrtizはBAYADAのマーケットでの成功にはインタネットでの情報提供およびスマートでデバイスでの提供が重要であると認識しています。

ローカル・インテントこそがモバイル検索の鍵

「私たちはモバイルを最優先と考えています。当初、モバイル・ユーザーはサイト・トラフィックの40%でしたが、1年半が経った今ではサイト・トラフィックの50%を占めています。モバイルの最適化を中心にすべてのデジタル・マーケティング戦略を展開することがきわめて重要です」とOrtizは話します。「たとえばメール・マーケティングでは、以前はお客様がどこでメールを開くかを実際に気にする必要はありませんでした。いまや、ほとんどの人は携帯電話を所持しているため、お客様や見込み客が携帯電話を使っているのであれば、モバイル向けのメールにする必要があります。」

現在ではほとんどすべてのビジネスにおいて、地域における検索はモバイルデバイスで行われます。これは地域における貢献と存在感の向上が成功を導く基本であるBAYADAのビジネスモデルにおいては、非常に的を得ていることになります。”私たちのビジネスにとって、検索はつねに地域における渡したの貢献を含んでいます。地域においてアクセスできることが私たちのビジネスとって重要な新しい意味をもつのです”。これは同時にBAYADAでの採用でも同じです。私たちのスタッフであり看護士の採用総数が要求に応じてふえるだけでなく、個々の地域において必要ないろいろなスキルの看護士の採用につながります”とOrbitzは述べています。

地元での見つかりやすさで差をつける

非常の多くの人たちが、いろいろな検索エンジン、地図、アプリケーション、地域の電話帳やSNSを利用して検索を行います。Ortizは、BAYADA在宅看護のチャンスに対して、その地域のお客様そして看護士の採用に直結する検索を効率的にやる方法にさらに投資をする必要性を感じました。。”SEO利用の経験から、地域におけるオンライン情報での存在感を高めるためには有名で信用度の高い地域の電話帳での正確で統一性のある情報の提供は、成功のキーでした”。とOrtizは言っています。そして常に新しいことが起きます。彼は、その上で最も信頼がおけるベンダを選定することが必要である”と指摘しています。

「残念ながら、当初利用していたベンダーはGoogle、Yahoo、Bing、Yellow Pagesの4つに集中していました。そのベンダーはディレクトリ・リスティングとのAPI接続もできなかったのです。変更内容を送信することしかできず、4つのウェブサイトが情報更新を受け入れてはじめて変更が行われていました」とOrtizは振り返ります。「社長のJ. Mark Baiadaに話したところ、『お客様が私たちのオフィスを探していて、Yahooページが表示され、3日前に変更したはずの住所や電話番号が表示されたらどうなる?修正を急ぐことはできないか?』と尋ねられました。私は『そうですね、Yahoo次第なので、修正を急ぐことはできません』と答えました。すると社長は『それでは十分とは言えないな』とおっしゃいました。」

YextのAPI統合により、100以上のサイト間でのリアルタイム更新を実現

この会話がOrtizがYextに変えようとしたきっかけでした。BAYADAにとってYextは躊躇なく利用すべきものであることを知っていました”とOrtizは言っています。”Yextが実現するAPIでの接続性は100以上のディレクトリや検索サイトで瞬時にデータを更新でき それは一日といった単位ではなく分単位の更新なのです。この違いは信じられないくらい大きなものでした”とOrtizは付け加えます。Apple, Being, Facebook, Google, YahooやYelpといった世界的に有名なサイトに個別のインテグレーションを実現しています。ビジネスの大きさには関係なく、そのリスティングをリアルタイムで更新できます。一か所でも千か所でもYextのKnowledge Engineのボタンをクリックするだけなのです。さらにOrtizは”Yextは非常に大きな価値があります。今まで採用していたベンダと異なり、その地域における顧客と密着に関係性を構築することにおいて飛躍的に大きな可能性を提供したのです

BAYADAはListingsを使って267ヶ所のオフィスを登録したところすぐにデータが正確なものに置き換わり、ネット上での存在感が高まりました。「アカウントをいったん設定し、拠点ページをスタートさせたところ、ローカルディレクトリですぐにトラフィックが増加したのです」とOrtizは語ります。「Google Analyticsのトラッキング情報を見ると、Yextを利用し始めてからすぐに、そのトラフィックが増加していました」

もちろん Google上での検索がBAYADAのインターネット戦略においてもっとも注目していることに違いありません。そしてOrtizのチームはYextのGoogle My Businessを更新するサービスを利用し始めました。”私たちのビジネスは刻々変化していることは事実です。電話番号や提供しているサービスの種類はしばしば変更されます。そこにはたくさんの古い情報がのこっていることも事実です”とOrtizは言っています。BAYADAはYextをつかうことによって間違って登録されている複数の情報を修正し、その情報を正確にすると共にGoogleのアルゴリズムに従ってカテゴリに整理しなおすことにより、トラッキングパラメータを適切に設定することができました。”Yextに変更することによりそれらを容易に統合することができるようになりました。そしてYextのGoogle APIが利用可能になったときに、新しいインテグレーション方法のベータテストに参加しました。すごくよくなった実感がありました。すべての情報での正確さそして最適化を確実に行うことが自動的にできるようになったのです。これは本当にすばらしいことでした。”一か月間でBAYADAのWeb SiteはGoole My Businesから4,000を超える検索がありました。

BAYADAはローカルエンゲージメントを革新する Yextのページで利率を向上させた

「Yextに変更して、リスティングが実際にどう役立つのかを示す信頼性の高いトラッキングが可能になり、特に競争の激しい市場の状況を考えれば、次に手を付けるべきなのはローカル・ページだとわかりました。私たちはたいてい、各地域の競合相手に遅れをとっていました。こうした競合相手にはそのオフィスのNAP(名前、住所、電話番号)を表示するページがウェブサイトにあったからです」とOrtizは話します。「次の手を付けるべきなのがページだとわかり、私たちのために何ができるのか、Yextとの話し合いを始めました。Yextのサービス内容と価格設定は魅力的でしたし、ベンダーとして唯一、私たちのために何ができるかをすぐに示してくれました!」とOrtizは賛辞を贈ります。「加えて、私たちは既にローカル・ディレクトリ・データをKnowledge EngineのListingsと同期していました。それにより、Yextチームは社内データベースの構築と接続を手助けしてくれました。この最後に述べた点が私たちにはとても重要でした。というのも、オフィスの数は300を超え、移転や電話番号の変更が頻繁に行われていて、手を焼いていたからです。それに、Yextは当社の社内アプリ開発チームが見積もっていた価格の10分の1以下の価格でそれを実現してくれました。やはり、頭を悩ませることはありませんでした。」

Yextは、BAYADAがリバビリや、小児科などの8つの異なるプラクティスごとにカスタマイズされたページを作成するのを貢献し、それぞれのブランディングとコンテンツのバリエーションをサポートしました。一方、Yextは、Digital Asset Manager(DAM)を通じて企業情報の一貫性を制御します。BAYADAの地域における存在感の強化に対するYext Pagesの効果は目覚ましいものでした。たった1年で、私たちのPagesセッションは82%の成長を見せました。これは偶然には起きえない大規模なジャンプです実際、新しいページを追加することにより、ページビューは毎週増え続けています。BAYADAによると、Yext Pagesはwww.BAYADA.comのリードの25%に貢献しています。

BAYADAは個別に発生するニーズにこたえるために、Yextの個別対応能力を利用しました。

プライバシの確保とアクセスコントロールといったYextの個別対応機能は、私たちがYextを選択することについて大きく影響を与えた機能です。この個別対応機能は、国内各地に散らばる拠点のITのスキルやニーズを満たすことに対して有用でした。”もし個々のオフィスが時間と労力を提供してでも作用をしたい場合には、更新や変更ができるようなシステムであることからYextを選択したのです。とOrtizは説明します。そして個々のオフィスでは手が回らないときは自動的に更新が行われるのです。

YextはBAYADAの為に、BAYADAの拠点の情報をシームレスに更新する機能、そしてPagesにある最新の求職情報を集約する二つのAPIを開発し連携するようにしましたこのYextのチームが開発したAPIによる結合により、本社におけるマーケティング戦略における情報、そして地域のお客様と採用の情報を管理することができるようになりました。そしてそれは本社にある一つのシステムに情報を集約することになりました。最初のインテグレーションでは地域におけるビジネス情報の管理を行い、採用のプライオリティの連携を次に行いました。地域のオフィスにおける採用情報を集める仕組みにより、そのオフィスにおける上からプライオリティの高い仕事を自動的にそのオフィスのPagesに掲載することをYextは実現したのです。この個別対応は、私たちのマーケット戦略を強化し成功に導くために非常に大きな資産となりました。とOrtizは、説明します。

Ortizはさらに、YextのUberとのインテグレーションを利用することに大きな興味を引いています。BAYADAのお客様および介護者候補を会社のWebサイトから直接的に一番近いオフィスに移動させることを可能としました。そしてUberのアプリケーションと連携することはその移動中にブランドのイメージ体験を手助けするものでした。”私たちはYextのUber連携を利用することにより非常に革新的な採用プロセスを実現しました”とOrtizは説明します。いま私たちは仕事の候補者をWebサイトから直接的にオフィスの入り口まで誘導することができます、そして会社の概要を移動中に説明することができるのです。

BAYADAはYextについて、その情報管理をするITパートナーとしてだけではなくて、その社員に価値を感じています。"Yextと仕事をするのは非常に楽しいです。Yextを選定にした理由としてYext社員と一緒にプロジェクトを遂行することは非常に力をもらうことになります。これはYextを選択した理由でありさらにこのパートナシップを続けていることの証です”とOrtizは賞賛しています。"SEO会社を利用した経験から考えると、Yextのチームはこの業界におけるハイレベルの知識から非常の詳細な検索エンジンのアルゴリズムの更新までを理解しています。””Yextの社員は常に新しいことを開発したり新しいことを行う機会について積極的に議論します。まさに私たちの真のパートナーなのです。私たちの社員でこのような基本的なことで信頼できる人がいることは非常にありがたいことであり、私たちのチームの延長にいるのです。”とOrtizはまとめています。