ニュース&メディア

最新のYext社からのニュースおよび媒体掲載情報です

企業ニュース

Yext、外食業界向けの新しいソリューションYext for Foodを発表

デジタル・ナレッジ・マネジメントビジネスのリーディングカンパニーであるYext, Inc. (NYSE: YEXT)は、レストランがよりお客様を魅了してお店に誘導するサービスとして、Yext for Foodの提供を発表しました。Yext for Food は、レストランやバーやカフェなどが、名前や料理のカテゴリーなどの一般的な検索に表示されるようになるだけではなく、そのお店のメニューや、Wifi有、家族向けなどのお店の特徴で検索されても表示されるようになります。例えば、メキシコ料理店がYext for foodに登録すると、お店の近くにるお客様が「近くでタコスが食べられるお店は?」と検索するとそのお店が検索に表示されるようになります。   Yextのチーフ・ストラテジー・オフィサーのMarc Ferrentinoは次のように語っています。「昨今お客様はレストランを特定の料理や、レストランの特徴を表す言葉で検索するようになりました。これは、世界中のレストランにとっても、お客様に選んでもらうためのゲームに根本的に変わりつつあるということを意味します。我々は、競争の激しい環境でレストランを適切に管理できるようにYext for Foodを提供し、お客様が「チキンパスメザンチーズ焼き」などメニューから、また「屋外の席あり」などの特徴から検索した時でもレストランの情報を見つけられるようにお手伝いします」 米国のレストランの利用者は年々減少しており、世界中のレストランがオンライン注文や消費者の行動の変化に対応しようとしています。レストラン業界のような伝統的なブリック・アンド・モルタル業界がデジタル化することで、空腹のお客様が特定のメニューをオンラインで見つけることができる、新たなチャンスも生まれています。Yext社の調査によれば、消費者の83%は食事に出かける前にオンラインでレストランのメニューを見てきており、ウェブ上にレストランの場所、メニューの詳細などのコンテンツを豊富に用意しているレストランでは、売上が拡大しています。実際、76%以上の消費者が価格帯やドレスコード(適した服装)、提供されている食材など、詳細な情報が掲載されているレストランを選び、67%以上の消費者が食べる場所を決めるときには3軒以上の候補を考えるというように、レストランをめぐる検索は熾烈を極めているのです。   Yextを使うと、こんなことができるようになります。 多くのインテリジェント・サーチサービスに、料理のメニューの詳細を公開できます レストランは、Google, Yelp, Facebook, Bing, Foursquare, AllMenus, Delivery.com,...

2017-10-19
BestWorkplaceWomen_Blog_1560x878_v1

Fortune誌とGreat place to Work® Yext を「女性が働きやすい会社」に選出

Yext社はキャリアを構築するためのサポートを得られる職場を提供していますが、このほど「Great Place toWork®」および「Fortune Magazine」によって「女性が働きやすい会社100社」の1社に選出されました。 このリストは、全業種の数百の企業の社員40万人以上が参加したアンケートでまとめられました。ランキングは、女性から見た組織文化、リーダーシップ、公平性、その他働きやすい会社に不可欠な条件から評価されています。 Great Place toWork®の調査によると、女性は、ポジションに関係なく、チームの正式なメンバーとして扱われていると感じると、雇用主との長期的な将来を計画する可能性は5倍にもなります。女性にとって働きやすい会社という評価は競合他社との重要な差別化要素になります。働きやすい会社の女性社員の95%が会社のことを友好的だと言い、彼女たちは自分の会社を他の人に話すことを誇りに思っています。 Yextの女性社員のグループ、Empowerは、Yext社において女性を採用し、刺激を与え、昇進させていくというミッションを持っています。コミュニティサービス、メンタリング、キャリア開発やビジネスの支援を通じて、Empowerはダイバーシティ・インクルージョン(多様性を受け入れる)を推進し、強力な広がりを持つ社内ネットワークを形成しています。Yextは可能なかぎり最高の人材を採用し、社員としていつづけてもらうことで、米国およびグローバルで事業を急速に拡大させています。そして、EmpowerはYextの女性社員に対して社内のポリシーやサポートシステムを維持し、改善させていくネットワーク、コミュニティを提供しているのです。 事業が成長していく過程で私たちは、人の潜在能力を最大限に引き出すことでYextが成功していくということを知りました。YextのグループはEmpowerの他にEquip、Embrace、Expressなどがありますが、これらのグループはそれぞれハンディキャップを持つ女性、多様な人種の女性、LGBTQコミュニティの女性を支援しています。 フォーチュン誌とGreat Place toWork®はYext社をこれまでも2017年度ニューヨークの働きやすい会社、2017年度シカゴの働きやすい会社、2016年度Great Place toWork中小企業部門、2017年度テクノロジー企業の働きやすい会社、および2016年度働きやすい会社ミレニアムに選出しています。 Yextのメンバーになることにご興味がありましたら、求人情報からお問い合わせください。ご一緒できるのを楽しみにしています!  

2017-09-15
Dave Lehman blog image

Yext社 デイブ・レーマンをMidmarket and Small Business Salesのリーダーに指名

デジタル・ナレッジ・マネジメントのリーダー企業であるYext, Inc. (NYSE: Yext)は、 Dave Lehman(デイブ・レーマン)をコマーシャルビジネス部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデントに任命しました。レーマンはこれまでの20年以上に渡り、世界的なテクノロジーのトップ企業における豊富なテクノロジーおよびセールス経験を新しい職務に活かしていくことになります。 「デイブは世界トップクラスのセールス・リーダーであり、企業向けソフトウェア分野における経験と功績によって当社の目指すゴールとビジョンを必ず実現してくれる人材です」と、Yext社の共同創業者兼CEOのハワード・レーマンは語ります。「デイブは世界中の企業にデジタル・ナレッジ・マネジメントを提供するという我々のミッションを達成するための重要な人材なのです」 Yext社に入社する前、デイブはCaptora社においてセールスおよびカスタマー・サクセスチームを率いた後、Campaign Monitor社のChief Revenue Officerとして担当してわずか1年のうちに企業の契約高を倍増させてきました。また、Salesforce社のコマーシャル・セールス部門のバイス・プレジデントとしてシカゴ支社を立ち上げ、中小企業の顧客にソリューションを提供し、2年で400人の部門へと成長させました。また、PureSense社、HP Autonomy社でも主要なリーダーシップの役職を歴任してきました。 レーマンはMITでメカニカル・エンジニアリングの学位を取得しています。 「デジタル・ナレッジ・マネジメントには世界中の企業が顧客にリーチし、エンゲージメントを確立する方法を抜本から変えていく、大きな可能性があります。そしてYext社にはこのビジョンを実現するために最高のリーダーが必要なのです」とYext社のプレジデント兼Chief Revenue Officerのジム・スティールは語っています。「デイブはテクノロジー及びセールスにおいてすばらしい経験を有しており、当社の中小企業向けの戦略に大きな価値あるインサイトを出してくれます。チームに彼を迎えることができてとても光栄です」 レーマンは語ります。「Yext社は新しい位革新的なテクノロジー分野でのパイオニアであり、企業がインテリジェント検索に先んじるために本当に必要な要素を提供することができます。中小企業にとって、デジタル・ナレッジ・マネジメントから得られるメリットは計り知れません。私はこの世界的なチームに参加できることを大変楽しみにしており、このようなエキサイティングな企業のこれからの成長に貢献していきたいと考えています」 レーマンは、Yex社の日本オフィスの開設やYext App Directoryの発表などが相次ぐ、Yext社にとって大変重要なタイミングに参画することとなりました。 Yext社について Yext社は「あなたのビジネスを地図上に」をスローガンに事業を展開しています。Yext社はデジタル・ナレッジ・マネジメントという新しいカテゴリーを作り出し、企業がすべての公開されたファクトを管理し、お客様がデジタル・エコシステムのどこでもそのファクトを知ることができるようにしています。 Yext Knowledge Engine™は、企業が自社のデジタル・ナレッジをクラウド上で管理し、100以上のサービスとPowerListings Network®上で同期させます。...

2017-09-07

さらに探す